リップルとは(Ripple/XRP)

用語集

― リップル(Ripple, XRP)とは何か?―


こんにちは、ライターの結城です。

今回はリップルについて簡単にお話しします。とは言っても、技術的な話や開発の歴史など小難しい話はしません。

専門的な情報はリップルの公式サイトや他の解説サイトにいくらでも書いてありますからね。

今日は「リップル」という単語をあなたが聞いたときに、これだけ知ってればとりあえず会話についていける(笑)というさわりをお話しします。


リップルの3つの意味

リップルという言葉使われるとき、大きく3つの意味で使い分けられます。

1.仮想通貨としてのリップル(XRP)

リップルという言葉が使われるとき、一番多いのが通貨としてのリップルでしょうね。ビットコインとかイーサリアムなどと同じお金に換えられる価値を持つ仮想通貨です。
ちなみに、XRPと略されるときはこの通貨としてのリップルの意味を持ちます。

2. 会社名としてのリップル

正式名称はRipple Inc.です。通貨のリップルと次に紹介するリップルシステムを開発・提供している会社名ですね。

3.システムとしてのリップル

今回重点を置いて説明するのが、このシステムとしてのリップルです。
通貨としてのリップル(XRP)を使って他の通貨と換金したり、送金したりすることが出来るとても便利なシステムです。

読むのが面倒くさい人は、銀行システムの仮想通貨版だとイメージしておけばそんなに間違ってはません(笑)

上で書いた3つのリップルの内、1と2は説明する必要があまりないので、ここでは3番のシステム(仕組み)としてのリップルを説明します。
なお、これ以降は3つの意味を区別するために、システムのとしてのリップルを便宜上「リップルシステム」、通貨としてのリップルを「リップル(XRP)」と表現しています。そして単に「リップル」とだけ表記されている場合はリップルシステムとその中で流通するリップル(XRP)両者を合わせて表現しています。
リップルシステムはリップル(XRP)を運用するための専用システムであり、リップル(XRP)はリップルシステムなしでは運用できないので、両者は不可分といえるからです。


銀行業を根本的に変えるシステム

リップルの特徴

リップルには様々な特徴や利点・欠点がありますが、 今日の「解説シリーズ」で解説する特徴は2つ

  • 送金が早い、安い、確実(特に海外送金の場合)
  • リアルマネーに簡単に換金できる(外国為替含む)

この2点を最低限押さえればOK!
(もちろんそれ以外にも素晴らしい特徴や他の仮想通貨と比べて弱い点もあります)

海外送金が早い、安い、確実(特に海外送金の場合)

リップルの1つ目の特徴は、送金が早いことです。

例えば、ビットコインを取引所から他の取引所へ移すとき、最低でも10分程度は時間が掛かります。遅いときには数時間とか、1日以上掛かるケースもまれにあります。しかしリップル(XRP)ならば数秒で着金します。それが遠い外国であっても。

また、ビットコインは送金手数料が高いのに対して、リップルの送金手数料はとても安いです(取引所が独自で設定してる手数料は取引所によってまちまちです)。

これは他の仮想通貨と比べた特徴です。次に、リアルな通貨(日本円やUSドルなど)とリップルを比べた場合はどうでしょう。当然、リップルの送金速度の「数秒程度」というのは劇的な数値です。皆さんも銀行振り込みや送金は使ったことがあると思いますが、同一銀行内でない限り送金には時間が掛かりますし、また夜間や土日祝日などは次の営業日まで着金を待たなくてはなりません。しかし、リップルは365日24時間即着金します(ビットコインなどの他の通貨も休日や夜間閉店はなく、地球の裏側まで10分程度で届くのでそれだけでも十分便利なのですが)。

そしてリップルが最も威力を発揮するのが「海外への送金」です。リップルシステムは、地球の裏側へも数秒でお金(XRP)を送ることが出来るのです。

海外送金をしたことがある人は分かると思いますが、銀行を用いた海外送金は次のような問題があります。

  1. 遅い:ときには数日かかります。
  2. 高い:手数料はとんでもなく高いです。仕向けて数量と言って送金側銀行が手数料を取り、被仕向手数料と言って受取り側の銀行もまた手数料を取ります。例えばUFJ銀行の場合は、仕向け5,000円、被仕向け1,500円、あわせて7,500円取られます(さらに現地通貨への両替手数料が1~2%くらい)
  3. 不安:途上国の銀行では時々お金が行方不明になります…

しかしリップルは

  1. 早い:地球の裏側へも数秒で着金します
  2. 安い:リップルの送金手数料は数十円から数百円です(取引所により異なります)。
  3. 安心:途上国だろうとネットが繋がってるならば先進国と信頼性は変わりません。

何故リップルの送金は早いのか?

どうしてリップルの送金は早いのか?
それは、リップルシステムを利用してリップル(XRP)を送金してるからですね。
当たり前だろ?! と思われるかもしれませんが、これがリップルシステムの特徴です。

リップルシステムはもともとリアルタイムでリップル(XRP)を送ることを目指して開発されていますので、早いのは当然ですね。

というか、リップルが早いのではなく、銀行の送金が遅すぎるのです。詳しい説明は省きますが、銀行の海外送金システムは40年以上前に世界規模で規格化されたシステムを使っています。しかし現在はインターネットが劇的に発展し、地球の裏側へリアルタイムで情報を送信できる時代です。半世紀前の電話回線時代のシステムがネット世代の技術に勝てるわけないですよね。
なお、リップルには及びませんが、他の仮想通貨でも送金時間は銀行に比べて格段に速いのは同じ理屈です。


リアルマネーに換金できる(外国為替含む)

リップルの特徴の二つ目は、換金性です。仮想通貨は現金で買えるじゃないか、と思われるかもしれませんが、それは取引所が換金してくれているからです。ビットコインを買うときには、GMOコインとかバイナンスとかへ現金を振込んでから取引所でビットコインに換金しますね。

リップル(XRP)もそこは同じなのですが、一度手に入れたリップル(XRP)はその後はリップルシステム内で他の通貨に自由に換金できます。つまり日本円で買ったリップル(XRP)を米ドルやユーロ、あるいは小国のマイナーな通貨にまで簡単に換金できてしまいます。

しかも手数料が不要!なのです。

海外旅行したらまず現地通貨に換金しますが、換金手数料って以上に高いですよね。時には数%もの両替手数料を取られてしまいます。銀行で外為送金をする場合も最低2%程度の換金手数料が発生します。しかしリップルは換金手数料が無料送金手数料も無料。これが2つ目の特徴です。

例えば、日本円でリップル(XRP)を買い、リップルシステムを用いて他のリアル通貨(米ドルなど)にリップル(XRP)を換金すれば、為替手数料も送金手数料も必要なく米ドルに変換できるのです。しかも数秒で。



途上国で威力を発揮するシステム

日本という政治も市場も安定している先進国に居る我々には理解しにくいかもしれませんが、途上国では自国通貨が信頼されていない国も多々あります。海外旅行に言ったら現地通貨よりも米ドルで支払った方が喜ばれる国もたくさんありますよね。リップルはそういった途上国で爆発的に支持されるようになる可能性があります。


まとめ

リップルシステムとリップル(XRP)の可能性について3分で解説してみました。いかがでしょう、リップルが銀行という数百年にわたり金融市場を支配してきたシステムを破壊しかねない可能性を秘めたサービスであることはご理解頂けたでしょうか?

今回はリップルの解説でしたのでリップルに焦点を当てて銀行と対比しましたが、既存の銀行業を脅かしているのはリップルだけでなく、全ての仮想通貨に言える事なのです。そしてリップルはその旗手となる存在なのです。


投稿日 平成30年2月8日 / ライター: 結城