初心者でも分かる仮想通貨の購入方法 ~bitFlyer編~

初心者でもわかる

仮想通貨の買い方を説明していきます。

今回は代表的な取引所であるbitFlyerでの購入までの流れを説明したいと思います。

基本的には以下の4ステップで仮想通貨を購入できます。

1. 取引所に登録する

2. 個人情報等を入力、本人確認を行う

3. 取引所に登録取引所に入金する(銀行・コンビニ、クレジットカード)

4. 仮想通貨を買う

手順はこれだけであり、誰でも簡単に仮想通貨を買うことができます。

 

1. 取引所に登録する

こちらリンクからビットフライヤーにアクセスできます。→https://bitflyer.jp/ja/

まずは画面右上の「無料アカウント作成」をクリックします。

メールアドレスを入力し「無料でアカウント作成」をクリック。

その後、キーワードが登録したメールアドレスに送られてきますので、画面の入力欄に届いたキーワードを入れます。

すると以下の画面に移ります。

 

規約を読み、各チェック項目にチェックをいれ「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

その後は以下の手順で、購入に向けた手続きを進めていきます。

 

2. 個人情報等を入力、本人確認を行う

 仮想通貨を購入したり売却するためには、ウォレットクラスからトレードクラスに更新する必要があり、個人情報等の入力や本人確認書類のアップデートをすればトレードクラスに変更され、仮想通貨を購入することができるようになります。

 以下が個人情報の入力画面です。

 

入力項目は、自分の名前・住所・電話番号等です。各項目を入力したら、「登録情報の確認」をクリックして次のページで同意をすれば個人情報の入力は完了です。

さらに、「本人確認書類の提出(アップロード)」を行います。

bitFlyerで口座を開設して、資産を保護するためには本人確認が必要になります。本人確認が済んだら郵便で書留ハガキが届きます。

登録には数日程度かかりますので、書類の提出は早めに済ませておくことがオススメです。bitFlyerで本人確認に利用できる証明書は以下の通りです。

『個人の本人確認に必要な証明書』


■運転免許証
■パスポート(日本国が発行する旅券)
■個人番号カード(顔写真の入っていないマイナンバーカードは不可)
■住民基本台帳カード(顔写真のあるもの)
■各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
■各種健康保険証(紙型健康保険証)
■各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
■各種福祉手帳
■印鑑登録証明書
■住民票の写し
■在留カード
■特別永住者証明書

 

あとは銀行口座の登録を済ましたら、「携帯電話認証」で携帯電話番号を入力し、SMSで届いた番号を入力したら、全ての項目が完了します。

 

3. 取引所に登録取引所に入金する(銀行・コンビニ、クレジットカード購入)

基本的に入金方法は以下の3通りです。

① 金融機関ATMから入金

② ネットバンク (ネット銀行) からクイック入金、あるいは住信SBIネット銀行から入金

③ コンビニATMから入金

1番のオススメは、入金手数料がかからないことから②の住信SBIネット銀行から入金する方法になりますが、そのためにはまず住信SBIネット銀行の口座を持つ必要があります。

ですので、ここではお好みの入金方法を選択して頂きたいと思います。

 

4. 仮想通貨を買う

今回は代表的な仮想通貨である、ビットコインの購入方法を説明します。

入金が完了して口座に反映されれば、ビットコインを購入することができます。

ビットコインの購入には「取引所」と「販売所」の2種類があります。

 

■取引所

ユーザー間で売買を行うところで、株式の購入等に近いトレード方法です。

■販売所

運営する会社と直接売買する場所です。必ず即売買ができますが、手数料がかかる分だけ割高になります。イメージとしては海外の両替所みたいなものでしょうか。

 

結論から申し上げますと、「取引所」で購入した方が安くビットコインを購入することができます。

以下が「取引所」の購入画面です。

 

必要数量を入力し、画面下のコインを購入するをクリックすれば、完了です。

これであなたの口座にはビットコインが入ります。

 

まとめ

仮想通貨の購入には仮想通貨取引所へ登録が必要。

個人情報と本人確認書類を提出(アップロード)すれば簡単に仮想通貨を購入することが可能。

入金する際には、入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行がオススメ。

bitFlyerでビットコインを購入する場合は、安く購入できる「ビットコイン取引所」が良い。