ブロックチェーン技術についての簡単な概要を理解しておこう

深掘り解説

ビットコインなどに代表される仮想通貨は、ブロックチェーンという仕組みによって、安全に取引されています。

そもそもブロックチェーンとは何なのか、これを正確に理解するためには、分厚い本を何冊も読んだり、多大な情報が必要となってきます。

そこで今回は、ブロックチェーンという技術の何がすごいのか、どのような仕組みとなっているのかについて、簡潔な概要をお伝えします。

ブロックチェーンの勉強の取っ掛かりとして、理解してみてください。

1. ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、簡単にいうと取引記録をチェーン状に繋げたものです。

例えば銀行だと、お金の流れは銀行によって管理され、二重支払いを防いだり、記帳作業を行うことによって安全性が担保されています。

これは、銀行、延いては中央銀行が中央集権的に行なっているモデルとなっています。

それに対して、ブロックチェーンは分散型システムとなっており、特定の中央や管理者が存在しないのが特徴です。

これによって、トークンエコノミーやマイクロペイメントを可能すると同時に、ハッキングなどのリスクを極限まで減らすことが可能になるのです。

2. キーワードは”ハッシュ値”

そして、この取引記録はハッシュ値によって繋がっているため、一つのデータを改ざんしようとすると、鎖で繋がった全てのデータの値がリンクしてしまうのです。

ハッシュ値とは数学的に簡単にいうと、複雑長蛇な計算式にxを代入するとこの答えになるという、xの部分を探し出すことです。

これを、世界中のマイナーと呼ばれる人たちが参加して、一番早く正当なハッシュ値を見つけ出した人に報酬(手数料)が支払われることで取引記録を繋げています。

これは、ビットコインが採用しているコンセンサスアルゴリズムで、PoWと呼ばれています。

このようなスキームによって信用が担保されているため、多くの人がビットコインを買ったり、マイナーとして競争に参加しているわけです。

3. まとめ

今回はブロックチェーンの取っ掛かりとして、簡単な概要についてお伝えしました。

ビットコインなどを「仮想通貨」と呼ぶのは日本くらいで、正確にはCurrypt Currencyで「暗号通貨」と呼ばれています。

ハッシュ値のことを暗号的な解釈で捉えると、このように呼ばれる意味が分かるでしょう。

ひとまず、これらの基本的な仕組みを理解しておくと、仮想通貨を選ぶ際に参考になることは間違いないです。

皆さんも、仮想通貨に投資する際には、通貨ごとの革新性や安全性について勉強しておきましょう。