Lisk ~bitFlyer上場で今注目の通貨~

注目の通貨

 

今日はLiskという仮想通貨について説明していきます。2018年1月31日から国内最大級の仮想通貨取引所bitFlyerに上場したこともあり、今日本で最も話題の通貨の1つとなっています。そんなLiskとは一体どのような通貨なのでしょうか。

 

目次

1. Liskとは

2. Liskの特徴やEthereumとの違いについて

3. Liskの将来性

 

1. Liskとは

 Lisk創業者のマックス氏

Liskは誰でも簡単にLisk上でアプリができるという考えに基づいて作られたプラットフォーム型の言語です。スマートコントラクトで契約の自動化を実現するための通貨であり、そのためよくEthereumに似ていると言われています。

作ったのはLisk財団のCEOであるMax Kordek氏です。マックス氏は現在、開発陣と共に世界各国でLiskの普及活動を行っており、Liskがどんな通貨であり、今後Liskが目指す世界について至る所で語っています。マックス氏はまだ20代であり、通貨・開発者ともにLiskまだまだ可能性を秘めているのではないでしょうか。

 

2. Liskの特徴やEthereumとの違いについて

上記にも書いた通り、Liskの特徴はスマートコントラクトという技術が使われている点です。ブロックチェーン上に通貨のやり取りの履歴だけでなく、契約内容も記録できるようにし、これにより偽造や改竄ができない契約の自動化を可能にします。

Ethereumとの最大の違いは、Liskにはサイドチェーンと呼ばれる技術が使われている点にあります。これはブロックチェーンの機能拡張の際に、メインチェーンとは別に独立したブロックチェーン(サイドチェーン)を用いることができる技術のことです。このサイドチェーンの導入により、重大なバグや問題に柔軟に対応することができるようになります。また複数のブロックチェーンを別々に動かすことができるようになるため、処理能力が圧倒的に高くなり、メインチェーンにはほとんど情報が乗らないため、スケーラビリティが非常に高いということが言えるでしょう。

ただし、もちろんこのサイドチェーンにもデメリットは存在し、メインチェーンの他に承認者が必要になるという点が挙げられます。従って、セキュリティ面に問題が生じる可能性がそれだけ高くなるということが考えられます。

また、Liskは発行上限枚数が無限であるため、インフレが起こりやすいという不安材料も抱えています。

その他のLiskの特徴としては、選ばれた承認者には取引手数料に加えて新たに発行されたLiskが報酬として与えられるフォージングと呼ばれる手法(ビットコインでいうマイニング)を採用している点、プログラミング言語は「Jabascript」が使われている点などが挙げられるでしょう。

 

3. Liskの将来性

非常に判断が難しいです。

上がる要因としては、

・世界中でマックス氏と開発陣が広報活動を行っている

・bitFlyerに上場

・Microsoftと提携しており、Jabascriptを採用しているため開発者の裾野が広い

(相対的に)下がる要因としては、

・Ethereumを筆頭にスマートコントラクト系通貨の競合が多数存在

・技術開発(アップデート)がやや遅れている

といった要因が考えられます。

マーケティング活動が優秀なだけに、過大評価されてしまっている可能性もありますし、知名度向上により実用化が進みさらに価格が高騰することも大いにありえます。大量購入されるのはRiskかもしれませんね。

 

まとめ

・Liskはスマートコントラクト系の通貨

・Ethereumとの違いはサイドチェーン

・バグに強く拡張性も高いが、承認者が多く必要になる

・マイニングではなくフォージング

・Jabascriptで作られている

・世界各地で創業者がカンファレンスを行っている

・国内取引所ではbitFlyerとcoincheckで買うことができる