ブロックチェーンの基本!コンセンサスアルゴリズムとは何なのか?

深掘り解説

仮想通貨では、中央集権ではなく非中央集権によって管理されています。

銀行では記帳作業を銀行の社員が行なっているのに対して、ビットコインなどでは特定の管理者が存在しません。

そのため、マイナー(採掘者)によって記帳作業が行われ、それによって手数料がマイナーに報酬として渡されることで利益を得ています。

マイナーの記帳作業が正しいかどうかは、皆の監視下の元で行われます。

これは正しい、これは間違っていると、正当か不当かを決める方法のことを「コンセンサスアルゴリズム」と呼びます。

そして、各通貨によってコンセンサスアルゴリズムは異なるのがポイントです。

計算をより早く解いた人、通貨をたくさん持っている人など多種多様。

今回は、基本的なコンセンサスアルゴリズムについて理解し、それぞれの仮想通貨の特色を掴んでみましょう。

PoW(proof of work)について

これはビットコイン(BTC)が採用しているもので、取引検証を多大な計算量を通して、承認作業を行なっています。

たくさん計算を解いた人に多くの報酬が割り振られることになるので、世界中からマイナーが参入しているのが現状です。

これによって、不正をすることでせっかく多く計算して得たコインの価値を下げるモチベーションが働かなくなり、健全な組みを保つことが可能になっています。

ただし、マイナーとなって競争に勝つには、CPU環境に多大な投資が必要になったり、電気代の安い地域が有利になってしまうなどの問題も課題となっています。

PoS(proof of stake)について

これはイーサリアム(ETH)が採用しようとしているもので、コインを所持している量に応じて承認作業を行うものです。

これだと、PoWに比べて電気代がかからず、多くコインを持っている人が価値を減らすリスクを負って不正する意味がないので、PoWの課題改善策として採用されています。

ただ、こちらも問題があって、コインの流動性が低くなってしまうことです。

多くコインを持っている人に報酬が入るなら、使わずに貯めておいた方が賢明だと思う人もいますからね。

金持ちがさらにお金を増やすという、超格差社会となってしまうのではないかとも言われています。

PoI(proof of importance)について

これは先ほどまでのPoW, PoSの課題を解決するために、NEM(XEM)で採用されているものです。

「重要性の証明」と直訳できますが、仕組みはかなり難解です。

ざっくり言うと、多くの仕事をしたり、多くのコインを所持しているだけではなく、取引量、残高、取引回数などを判断基準に加味していること。

これによってコインの流動性が高まるので、完璧なコンセンサスアルゴリズムなのではないかと注目されていました。

しかし、結局多くのコインを取引するためには多大な原資を持っている人に有利となってしまうため、PoSと同じく格差が生まれてしまうのが現状の課題となっています。

まとめ

今回は3種類のコンセンサスアルゴリズムについて簡単な概要をお伝えしました。

通貨によって採用しているコンセンサスアルゴリズムは異なるため、仮想通貨に投資しようと思っている方は勉強して見ると面白いですよ。

それぞれのメリット、デメリットを知り、自分が将来的に残ると思った通貨に投資した方が安全です。

他にもPoBやPoCなども存在するので、興味のある人は調べて見ることをオススメします。