Zaifでビットコインが0円になるバグ。2246兆円分購入した人物が登場!

四方山話

Zaifで信じられないバグ発生!ビットコインが0円に?!

 

ども! ブログライターのタツヤです。

今日の四方山話は、また取引所の不祥事です。
国内仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)でビットコイン価格が0円になるバグが発生、なんと21億枚のビットコイン(BTC)を0円で購入した人物が現れました。


ことの起こりは2月16日。国内仮想通貨取引所のZaifでビットコインとモナコインが0円販売されていることを見つけた人物が、試しに購入手続きをしてみたところ、実際に約定してしまい2246兆円分のBTCをタダで手に入れることが出来たのだそうです。

ユーチューバー「麺屋銀次」氏が語る経緯

その人物とは、ソフトウェア関連の仕事をしていて、ユーチューバーでもある麺屋銀次氏。
銀次氏自身のYouTubeアカウントでの説明によると、2月16日、氏がいつもの様にZaifで取引をしていたところ、「簡単売買(クレジットカードによる購入)」の画面で、ビットコインとモナコインの販売価格が「0円」と表示されていたのだそうです。ソフトウェア関連の仕事をしている氏は、ただの表示上のバグであり実際の購入は出来ないだろう、と思っていたのですが、試しに21億円分のBTCの購入操作をしてみたところ「通ってしまった」と語っている。しかし、それでも半信半疑の銀次氏は、「購入」できた21億BTCのうち、20億BTCを取引所で指値売りしたところ、実際に売注文が立ってしまったのだという。当日の時価総額で、21億BTCは約2246兆円に相当した。つまり、銀次氏はデータ上では2246兆円の資産を確かに保有していたことになったのだ。

銀次氏が証拠として公開した画面のキャプチャ。確かに時価総額が2246兆3805億円と表示されている。

しかし、いくら売値が0円と表示されているからといって、21億枚を買ってみようという発想が凄いですが……。

 

Zaifの対応はアカウントロック

ところで、銀次氏の偉いところは、0円で取得したBTCを売却したりせずに、直ちにZaifへメールを出して「エラー」発生を報告したことです。もし、氏が私腹を肥やそうと思えば、目立たないように100BTC程度を売却して知らん顔することも出来たはずなのに、氏はそれをせずに親切にもZaifへ通報したのです。私なら指摘されるまで知らん顔するな(笑)

しかし、Zaifからの対応は、銀次氏の「アカウントロック」だったのです。Zaifには電話対応のサービスが無いため問い合わせはメールのみとなります。銀次氏が再びZaifへメールを出してアカウントロックの解除を申請したところ、一時的にアカウントロックは解除されたそうですが、しばらくして再びロックされて、現在はアクセスできない状態になっており、そのことについてZaifから連絡は無い、と氏は語っています。

その後の展開

本日(2月20日)まで、銀次氏の21億BTCについてZaifからは連絡が無く、進展はしていないようだ。氏は2月16日以降毎日自身のYouTubeチャンネルで事の成り行きを解説している。 また、一部のメディアがZaifを運営しているテックビューロ(株)へ取材を行っているが、同社は「確認中」とのことで有益な情報は得られなかったようだ。Zaifが今後どのような対応をするのかも含めて、しばらくは銀次氏のチャンネルから目が離せないですね。