Zaifでビットコインが0円になるバグ。続報その1 ー仮想通貨の四方山話ー

四方山話


Zaifが公式報告「残高データを一方的に修正」

 

ども! ブログライターのタツヤです。

昨日の四方山話「Zaifでビットコインが0円になるバグ。2246兆円分購入した人物が登場!」の続報です。



Zaifが公式報告を掲載

仮想通貨取引所のZaifを運営しているテックビューロ(株)が、公式サイトで『16日に発生した異常値の表示に関するお詫びとご報告』と題して報告を掲載しました。

 

 これによりますと、0円で買える状況が発生していたのは、2月16日の17時40分~58分の18分間。原因は『「簡単売買」の価格計算システムに異常が生じ、webシステム側でゼロ円でも売買できてしまうという不具合が重なり、7名のお客様がゼロ円で仮想通貨を購入してしまった。』ということらしいです。
その対策として『ゼロ円で購入された売買については、システムの異常によるものですので訂正扱いといたしまして、お客様の残高データについても修正を行いました。』とも書かれています。

いくつか面白い情報がさりげなく書かれていますね。

まず、この「システム異常」によりビットコイン(BTC)をゼロ円で購入した利用者は、麺屋銀次氏以外にも6名、合計7名いたようです。
そして、そのような不具合が起きた原因は「価格計算システムに異常が生じ」と表現されています。

つまり、あくまでもシステムの異常であり、人的ミスでもその他の要因でもないと言うことです。Zaifはこの報告の中で繰り返し「システム異常」であることを強調しています。

『「簡単売買」上の価格計算システムに不具合が生じ』
『「簡単売買」の価格計算システムに異常が生じ』
『当該システム不具合に対しては』

と、このように「システム」をしつこく強調していますね。
そして、その割には具体的な原因には一切言及していません。システム異常、システム不具合、としか書いていません。非常にアンバランスだと思いませんか?

その理由を邪推してみましょう。


Zaifは訴訟を恐れている

Zaifは、0円で購入した利用者の残高を問答無用で取り消し処理しています。『ゼロ円で購入された売買については、システムの異常によるものですので訂正扱いといたしまして、お客様の残高データについても修正を行いました。』

ようするに「間違って売ったんだから、それナシな。こっちで勝手に取り消しとくから」ということですね。仮にも金融庁に登録してる取引所がそんな一方的なことしていいんでしょうか?
実はいいんですよ

Zaifの利用規約にちゃんとと書いてあるんです。


Zaif Exchange 利用規約

第 20 条 免責
7. 当社は、システムの異常による本サービスにおける本サービスで取り扱う仮想通貨に係る約定を取り消すことができます。その際、当社は、当該取消その他本サービスに関連して本会員が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。


複雑な書き方をしていますが、要約すると「システム異常の場合は、その取引はZaifが一方的に取り消せるし、損害賠償もしねーよ」と言うことです。

そう「システム異常による」なのです。これが人為的ミスや、ハッキングなどの場合は、取り消し規定はないのです。なので、Zaifとしては今回の不具合は、あくまでも「システム異常による」ものとして処理しなければならないのです。
もし今回の不具合の原因が、プログラマの入力ミスとか、職員の操作ミスであった場合、それは「システムの異常」に該当しないかもしれない。その場合、裁判を起こされたら負ける可能性も出てきます。

 


Zaifはこれ以上の詳細は発表しない

Zaifとしては、今回の不具合を「システムの異常」で押し切らないといけないことは上記の理由で明らかです。ですので、これ以上の詳細は発表できません
詳細を発表して、少しでも人為的ミスの可能性が出れば、損害賠償問題に発展する可能性があるからです。プログラマの入力ミスや設定ミスも、言い換えれば人間のミスですから、「それはシステム異常とは言えない」と強弁できます。このような理由で訴訟でも起こされたら、判決が確定するまで数年間もの間、Zaifは違法な処理をした可能性を指摘され続けます。

従って、Zaifは金融庁から強制でもされない限り、原因についてはこれ以上の詳細は発表しないでしょう。

この辺りが大人の世界なのですね。ですので、世間がいくら騒ごうとも、被害者が納得のいく説明を求めようとも、Zaifとしては「システムの異常だから一方的に取り消した」で押し切らねばならないのです。
しかし、それで収まらないのが世間というものです。麺屋銀次氏はYouTubeで毎日この件を発信していますし、ネットメディアも記事にしています。

 



不祥事は目立たせたくない?

なお、Zaifとしてはこの問題を目立たせたくないのは明らかなようです。これが、上記の「報告」が掲載されているお知らせの画面です

今日現在(2月21日)トップに表示されている「お詫びとご報告」と他のお知らせを比べれば一目瞭然。
他のお知らせは、派手なアイキャッチやファビコンを使って目立つように工夫されていますが、一番上の「お詫びとご報告」だけはアイキャッチ画像も無く行間も狭い。しかもすぐ下の剛力さんの画像が目立って行間が広いので、読み飛ばしてしまいそうになっています。不祥事は目立たせたくない、そういう意図がハッキリと見て取れます。

はたして、Zaifの思惑通り沈静化するのか、あるいは炎上するのか、この問題はまだまだ目が離せませんね。