頭と尻尾はくれてやれとは?

用語集

今日の仮想通貨用語: 頭と尻尾はくれてやれ(あたまとしっぽは-)とは?

 

〔格言〕株式取引の格言の一つであるが、仮想通貨取引でも使われるようになった。
高値や底値を推測して売買するのではなく、底を打った後に買い、高値を付ける前(あるいは直後)に売る投資スタイルの事。

頭とは高値のことで、尻尾は底値のこと。
論理的には、底値で買って高値で売ることで利益を最大化できるが、底値高値を知ることは事実上不可能であるため、下げ相場の最中に「底」と推測して買うのではなく、いったん底を打って回復基調が確実になったところで買い、同様に上げ相場で高値を付ける前の十分な利益が出た段階で売ることをいう。(あるいは高値をつけて下がり始めた段階で売ること)
底値と高値は他人に譲り、安全確実に儲けをとる投資スタイルを説いた格言である。

同じ意味の格言に「売り買いは腹八分目」がある。