暗号通貨とは?

用語集

今日の仮想通貨用語:「暗号通貨(あんごうつうか)」とは?

〔名〕仮想通貨の事。
「仮想通貨」と「暗号通貨」は呼び方以外に違いはない。「暗号化通貨」ともいう。
現在の日本では仮想通貨の呼称が主流であるが、ビットコインが発明された当初は「暗号通貨」が主流であった。
ブロックチェーンとビットコインの黎明期には、Satoshi Nakamoto(ナカモト サトシ)氏がブロックチェーン技術の論文内で用いていた Crypto Currencyを直訳した「暗号通貨」あるいは「暗号化通貨」の表記が多かったが、法定通貨(現金)に対する概念としてより理解しやすい「仮想通貨」の表現が日本では定着していった。
英語圏では Crypto Currency 表記が優勢であり、Virtual Currency 表記は少ない。またDigital Currencyという表記もまれに見かける。