フィアット建てとは?

用語集

今日の仮想通貨用語:「フィアット建て(-だて)」とは?

 

〔名〕仮想通貨の価格をドルや円など法定通貨(fiat)に換算して計算すること。
フィアットも参照

フィアット建てに対して、「ビットコイン(BTC)建て」や「イーサリアム(ETH)建て」などがある。
多くの草コインは法定通貨(フィアット)との兌換性が無く、BTCかETHと兌換される事が多い。
しかし、ボラティリティの大きいBTCやETHでは、現在の自分の資産総額を直感的に把握することが難しいため、フィアット建てに計算し直す事が多い。

使用例:「ビットコイン建てで計算すると保有している草コインの相場は上がったが、ビットコインの価格が暴落したのでフィアット建てでは含み損が出ている」