気絶(きぜつ)とは?

用語集

今日の仮想通貨用語:「気絶(きぜつ)」とは?

 

〔名・動〕 仮想通貨を購入した後に、その通貨の値動きを一切確認せず、気絶しているかのように相場を無視すること。

仮想通貨のボラティリティーは非常に大きいため、相場の上下に一喜一憂していると日常生活に支障を来す場合がある。長期的な視点では当該通貨が上昇すると信じ、短期的な値動きを一切気にせず長期保有することを気絶という。

ガチホと気絶の違い
気絶は「ガチホ」と似ているが、ガチホと気絶は異なる。ガチホ中であって更に値動きに注意を払わない状態が気絶である。

使用例:「この通貨は値上がり間違いないから、買って気絶するつもりだ」「気絶しているうちに価値が10倍になった」「自分は気絶する勇気が無いから、ついつい値動きをチェックしてしまう」