破産したマウントゴックス社(MTGOX)ビットコイン430億円分を売却

時事できごと

破産手続き中のMTGOX社(マウント・ゴックス)が430億円分のビットコイン(BTC)を売却したと発表しました。

2014年に不正アクセスによりビットコイン(BTC)を不正に引き出され、補償できずに破綻した仮想通貨交換所のMTGOXの破産管財人が、同社が破産後も保有していたBTCなど仮想通貨の一部を売却したことを公表しました。売却総額は430億円分であるとのことです。

MTGOX社の破産管財人である小林信明弁護士が7日付で東京地方裁判所に提出した報告書によると、昨年9月以降にBTC約3万6千枚(約382億円分)とビットコインキャッシュ(BCH)3万4千枚(約48億円分)を売却したとのことです。
MTGOX社の債権総額は約460億円ですので、債権額のほとんどが今回の通貨売却で充当されたものと思われます。

MTGOXとその破産管財人は未だに2000億円相当の仮想通貨を保有していると言われており、この2000億円の資産の利用方針は、今回の発表では触れられておりません。