イナゴとは?

用語集

今日の仮想通貨用語:「イナゴ」とは?

〔名〕特定の仮想通貨の価格が上昇トレンドにあるときに、飛びつくように買いを入れる投資家のこと。イナゴ投資家ともいう。

上昇傾向のコインに対して、イナゴの大群のように群がることからこのように呼ばれる。このことからも、基本的に蔑称として使われる。
下落傾向のときにショートポジションをとる投資家が大量に現れた場合にもイナゴと表現することがあるがまれ。

イナゴ投資家の中には短期で売買する投資家も多いため、価格が高騰した直後に大量の売却が出る。このため、イナゴによって高騰した銘柄はすぐに暴落することが多い。特に仕手筋によって情報操作が行われたことによる高騰には、この現象が多く見られる。

使用例:「仕手情報が流れたので、あのコインにイナゴが群がった」「一瞬高騰したが直ぐに値が戻った。イナゴのせいだろう」

関連用語:イナゴタワー焼きイナゴ、イナゴ投資方