ライトコイン(Litecoin) 〜アルトコインの先駆けとなった注目の通貨〜

注目の通貨

ライトコインはアルトコインの中の主要な通貨であり、時価総額も高く、価格もビットコインより安定していることから、実用性の高い仮想通貨と言われています。そんなライトコインについて今回は解説していきます。

 

目次

1. ライトコインとは

2. ライトコインの特徴

3. ライトコインの将来性

 

1. ライトコインとは

基本スペックは以下。  

通貨単位 LTC

発行枚数 8400万枚

ローンチ 2011年10月

承認システム Proof of Work(PoW)

ブロック承認時間 約2分半

 

ライトコインは、2011年10月7日に元GoogleエンジニアであるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏によってGithub上にリリースされました。ビットコインを原型に開発されたライトコインですが、実はビットコインの次に産まれた2番目に歴史の古い仮想通貨なのです。ビットコインよりも決済スピードが速く、発行枚数が多く価格が高騰しにくいため、実用性に重きが置かれた仮想通貨として知られています。

取引の承認される回数がビットコインより多く、より多くの取引を処理できるゆえ、送金手数料を安くできるというメリットがあります。つまりライトコインはビットコインの欠点を補うことを目指して開発されている決済通貨と言えるでしょう。

また、ビットコインのマイニングより電力が抑えられ採掘コストが安いため、マイナーからの評価が高い通貨でもあります。

「ビットコインが「金」であるのならライトコインは「銀」である」というコンセプトで開発された通貨として知られています。価格面の価値は金の方が高いですが、流通量や利便性では銀の方が優れているという部分も反映されています。

 

2. ライトコインの特徴

・送金スピードがビットコインよりも速い

・マイニングにかかるコストがビットコインより安い

・SegWit等の機能が導入されている

 

ブロックの生成間隔はビットコインの10分に対してライトコインは2.5分と4倍のスピードであり、総発行枚数の上限もビットコインの2100万枚の4倍の8400万枚とした。

発行総数がちょうど4倍ですね。ブロック処理速度が4倍のため、コインのインフレ率が同じになるように設計されているわけです。

またビットコインとライトコインでは採用しているアルゴリズムも違います。どちらもProof of Workアルゴリズムという点では同じなのですが、ビットコインは「SHA-256」というアルゴリズムを採用しているのに対し、ライトコインは「Scrypt」といった比較的新しいアルゴリズムを採用しています。このアルゴリズムの違いが、マイニングコストの差に関係しています。

まずビットコインのマイニングは、非常にプロセッサー負担が大きいものです。そこで中国の大手マイナーであるBitmain社は、マイニングの効率を高めるためにASICというマイニング専用の効率の良い集積回路を発明しました。しかし、このASICを使えばマイニング能力が劇的に向上するため、ビットコインのマイニングは特定の中国マイナーが独占してしまう状況になってしまっています。

一方、ライトコインのマイニングはメモリ集約的なものとなっています。

ビットコインのマイニングでは、専門的かつ高い処理能力を有する特定のマイニングによってしかできませんが、ライトコインのマイニングはより少ないコストのGPUマイニングで可能です。つまりビットコインに比べ少ない費用でマイニングをすることができます。GPU基盤のマイニングを許可することで、より多くの参加者を巻き込んで保証することが奨励されます。

従って、大手マイナーがライトコインマイニング市場を独占することが非常に難しくなります。要するに、ビットコインよりもさらに分散化されたネットワークなのです。

ビットコインは現在、一部の大きなマイニング会社でマイニング市場を独占されてしまう可能性があることが懸念されていますが、ライトコインはこのビットコインの問題点を解決した通貨となることが期待されてるでしょう。

ただしライトコインの Scryptに対応したASICも既に開発されているため、将来的にはライトコインもビットコインと同じような状況になってしまう可能性はあります。

さらにライトコインは、技術的なアップデートが進んでおり、Segwitをいち早く導入した仮想通貨であり、2017年5月にSegWitブロックチェーンが完了しました。

SegWit導入により、取引決算時間の短縮及び取引コストの削減を実現しました。

SegWitだけでなくアトミックスワップといった新機能もいち早く取り入れています。
アトミックスワッブとは暗号的手法を用いて、どの相手でも互いに安全に通貨を交換することのできる仕組みです。アトミックスワップを使うことで、BTCからLTCにスワップし、LTCで支払いをした後、再度BTCに戻すという風な使い方が可能になります。

Charlie Lee氏がライトコインの開発に専念していることもあり、ライトコインは技術的な開発がスムーズに進んでいます。

 

3. ライトコインの将来性

ライトコイン開発者のCharlie Lee氏は2017年12月中旬に自分が保有する全ライトコインを売却したことで話題になりました。

売却した理由は、「自身が保有していることでライトコインに対してのポジショントークが多くなるため、そこを抜いて開発をしっかり続けたい」という想いからとのことです。決してライトコインの将来性を見切って売却したわけではない模様です。真意の程は分かりませんが、今後のライトコインの普及に向けた開発は創業者の利益ではなく、便利な世の中を追い求めていくために行われることになります。

仮想通貨市場が拡大するにつれて、ビットコインのスケーラビリティ問題が顕著に表れ始めています。決済通貨としては利用が困難になりつつあるビットコインの代わりを市場が求めており、ライトコインはその有力候補とされていますが、一方で不安材料も存在します。

不安材料としてはビットコインキャッシュの存在が挙げられます。

ビットコインキャッシュは1ブロックあたりの容量がビットコインやライトコインの8倍である8MBであり、ハードフォークをしなくても32MBまで拡張できる仕様となっています。そのためライトコインよりもブロック承認時間は長いものの、手数料を抑えることができるとされています。さらに、ビットコインキャッシュはビットコインネームブランドを踏襲しており、ビットコインマイナーの政治力・関連する取引所のマーケティング力も大きいです。これらの点を踏まえると、ビットコインの代わりはライトコインではなくビットコインキャッシュに焦点が当たる可能性は大いにあります。

ライトコインに関しての明るい材料としては、将来的にライトニングネットワークでの利用が可能になる点です。ライトニングネットワークが構築されれば、数十円などの少額決済でも1秒以内で終えることができるようになります。ただし、現状ハードルや問題が多いので、実装されるとしても数年先になることでしょう。

もう1つの明るい材料としてはLitePayの存在があります。LitePayは、決済と同時に法定通貨建てでの決済額が銀行口座に反映されるため、決済におけるボラティリティリスクを緩和することができます。

ライトコインは実需が伴うことで、相場も徐々に成長していくことが考えられます。

結論として、ライトコインは長期的に見れば将来性がある通貨と言えるでしょう。

 

まとめ

 

・ビットコインの次に産まれた2番目に歴史の古い仮想通貨

・開発者は元GoogleエンジニアであるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏

・送金スピードはビットコインよりも速い

・マイニングコストがビットコインよりも低い

・SegWitやアトミックスワップ等が取り入れられている

・ライトニングネットワークやLitepay等、実用化に向けた開発が進んでいる