ビットコインの「貨幣としての価値」とは何か?

深掘り解説

最近ではブロックチェーンは目覚ましい進化を遂げており、日々多くの技術や開発が進行しています。

仮想通貨やトークンだけでいっても、今では数え切れない程に種類が増えすぎてしまいましたね。

もちろん中には詐欺コインのようなものもあるため、一概に全てが有用性があるとは言えません。

しかし、ここまでコインの数と種類が増えてきた中で、一つ疑問に思うことがあります。

それは、サトシナカモトの提唱したビットコインのコンセンサスアルゴリズムである、PoWは本当に「電気の無駄遣い(Proof of Waste)」なのかということ。

ビットコインは、仮想通貨やトークンの中で最も貨幣として優れているということを、これから証明していこうと思います。

貨幣としての価値

そもそも、なぜビットコインだけが他の仮想通貨やトークンと乖離した価格になっているのでしょうか?

もちろん一番初めに発明された仮想通貨だからと言えば、それも理由の一つにはなります。

しかし、ここまで種類と数が増えて取捨選択の時期になっても、未だにトップの座に君臨しているのは、他にも理由がありそうですよね。

 

埋蔵量が限られている

ご存知の人も多いと思いますが、ビットコインは2,100万BTCが最大埋蔵量とブロックチェーン状で決まっています。

そのため、他のコインと比べても稀少性が高く、さらに歴史も最も長い通貨だからこそ、fiatベースの価格が一番高いのではないかとも考えられます。

 

本当の意味での非中央集権型コイン

コアなブロックチェーン主義からすれば、仮想通貨やトークンが分散型であることはある種の必須条件とも言えます。

今価格が上がっているものの中にはこの思想とかけ離れたコインもいくつか存在しますが、ビットコインはHFしても初期からこれを貫いています。

政治的な理由や権力者からの圧力に屈することのない、本当の意味での分散型を追い求めているからこそ、多くの人から受け入れられるコインとなっているのではないでしょうか。

PoWは貨幣として最も適している

そもそも、PoWの仕組みって滅茶苦茶すごいんです。

いや、もちろんそんなの知っていると思う人も多いでしょうが、ここでbitcoinerの大石さんのtwitterを参考にしてみましょう。

POS通貨=富の量を示すことによって得られる効用を示せない。そのブロックチェーンが何かのネットワークサービスを提供し、その利用料としての実需のみが正当化できる。つまり、貨幣ではない。 POW=富の量を示すことによって得られる効用が存在する。なぜなら入手にコストがかかるから(マイニング)

(中略)
100の既存コインに対して、年間5のコインが新規発行されたとする。
・PoWでは、富の総量は増えたといえる
・POSでは、既存ホルダーのコインの価値が薄まって調整されたといえる(現在価値は金利分を割り引くのと一緒)
価値が外からくるか、内側からくるかの違い 
引用:@bigstonebtc
つまり、貨幣としての価値を考えた時に、PoWじゃないとその優位性を確保できないんですよ。
今主流になっているPoSは、一見素晴らしい仕組みにも見えて、それはもちろん素晴らしい仕組みなんですが、貨幣としては機能しないのではないかってことです。
これから仮想通貨決済やトークンエコノミーが確立されてくるようになると、今回話したような話題がフォーカスされてくるようになると思います。
今から法定通貨から仮想通貨に投資しようと考えている人は、この辺りの問題についてもよく考えて購入されることをオススメします。