【続報】Ledger ハードウェアウォレットのBCHアカウントにアクセス障害

時事できごと

【続報】Ledgerハードウェアのシステム障害

 

ライターの結城です。
昨日の記事(Ledger ハードウェアの障害)に関する続報です。
Ledger Nano Sなどの製品で有名な Ledger 社のシステム障害は発生から2日経過してなお継続中です。この障害は、Bitcoin Cashにのみ発生していると思われます。


最新情報

Ledger社は自社の公式Twitterへ、日本時間4月12日23時に更新情報を投稿しました。

訳は次の通りです

我々は、ビットコインのインフラにいくつかの問題を抱えている(残高が正しく表示されない、あるいは送金が消える)ユーザーの資産は安全である、しかし当社のサービスは正しく機能していない。我倭は調査を継続している。リアルタイムアップデートはこちらをご覧ください。
http://status.ledger.fr/pages/incident/5a4c9f706fbc5823d37bed62/5acf661197d23735e97976b3

We are experiencing some issues on our Bitcoin infrastructure (leading to wrong balance display or missing transactions). Funds are safe, but service is disrupted. We are investigating. Please follow real time updates on …

この件について、前回の記事のとおり、Ledger社は解決に数日を要する、と発表しています。
従って、今回の発表は状況が悪化していることを意味しません。


Bitcoin に問題は起きていない?

上記のツイートには、1点疑問があります。
ビットコインのインフラにいくつかの問題を抱えている」”some issues on our Bitcoin infrastructure”
と表現されていることです。

私が確認したところ、ビットコイン(BTC)には影響はないようです。これは誤記である可能性が高いと思われます。
この問題が報告されている掲示板「Reddit」のledgerwallet スレッド /r/ledgerwallet/でもこの表記についていくつか意見が投稿されています。
いずれもBTCは正しく表示、あるいは送金された、というものです。従って、公式ツイートのBitcoinのインフラ問題という表記は、Bitcoin Cash の誤記であると思われます。


続報

(4月13日22時更新)
BTCのトランザクションにも問題が発生していたようです。Ledger社は、公式サイトで不具合を発表しましたが、この問題は既に修正されており、システムは正常に稼働しているようです。


関連記事
Ledger ハードウェアウォレットのBCHアカウントにアクセス障害

【続報】Ledger Nano S 障害は復旧