【深堀り】今XRPを買うならリップル社の株を買うべき2つの理由

深掘り解説

仮想通貨XRPを知っていますか?

これはリップル社が管理している仮想通貨で、コンセンサスアルゴリズムにはPoCが採用されています。

サトシナカモトの完全分散型主義のビットコインコアからは、批判されてしまいそうな中央集権ぶりなんですが、意外と多くの日本人で保有している人が多いんです。

最近話題の仮想通貨女子と呼ばれる界隈でも、XRPガチ保勢を目にする機会が多いですね。

しかし、個人的にはXRPを買うなら、リップル社の株に投資する方が圧倒的にオススメ。

その理由を、2つの理由に分けて説明していきたいと思います。

理由1. ブロックチェーンと呼べるのか問題

まず初めに断っておきますが、私はXRPの技術や思想に対してはかなり価値の高いものだと考えています。

通貨と通貨をつなぐ独自の技術や、送金速度が圧倒的に早いことから多くの金融機関が採用しようとしているのも、そこに価値を生み出しているからに違いありません。

なので、XRPに価値がないとか、そういう意味で投資しない方がいいと行っているわけではないので、あらかじめご了承ください。

 

一つ目の理由に関してですが、XRPは中央集権的なPoCというコンセンサスアルゴを採用しています。

多くの仮想通貨は、分散型や匿名性を担保し、よりtrustlessな仕組みで動くことに重きを置いています。

それに対してXRPは、リップル社が羽生となってコインの発行枚数や価格をコントロールすることができてしましますよね。

日本円だって、発行上限はないけど、日本銀行がハブとなって管理することによって、通貨として機能していますから。

 

そもそもブロックチェーンは、貨幣の定義として、中央管理者が存在することがおかしいというスタンスで作られた一面もあるため、XRPの仕組みだと日本円と何が変わらないのだということもできます。

もちろん、国際送金を便利にしたり、異なる通貨との互換性を担ったりする機能はあるのですが、ブロックチェーンの技術に感銘を受けた人は投資対象として候補しないと思うんです。

できるだけハブとなる存在をなくして、trustlessな仕組みで貨幣を流通させようというのがコア派の思想なので、個人的にも長期保有したいとはあまり思えないんですよね。

仕組みが優れているのは他の通貨でもたくさんありますし、そもそもそれもリップル社の一存に掛かっている部分のウェイトが大きすぎるかなと。

これが実現すればXRPは上がる!

みたいな考え方は個人的に長期保有に向いていないと思うのと同時に、他の通貨でもそれは条件同じじゃない?って思ってしまうところがあります。

 

理由2. XRPとリップル株の関連性

そしてこれが最も大きな懸念材料なのですが、リップルって株式会社なんですよ。

つまり、先ほども述べましたが、株式会社として決算する際には当然法定通貨ベースな訳で、XRPはその保有者から法定通貨を集めるための手段になってしまう部分があるのです。

  • XRPの発行上限・価格は中央によりコントロール可能
  • リップル社の株価は法定通貨ベース

この2点からでも、XRPが投資家から法定通貨を集めるための有力な資金調達法となることはイメージできますよね?

仮に、XRPのビジョンが遂行困難になったとしても、リップル社はXRPの価格をコントロールする(保有しているXRPを大量に売る)ことで株価の方はカバーできるんです。

これらの理由から、個人的にはXRPに投資するなら、リップル社の株に投資する方がベターであると考えています。

まとめ

今回はリップル株とXRPに関して述べましたが、これはあくまで僕個人がXRPに投資することを懸念している材料です。

XRPに投資している人は、もっと他のメリットや重要性があって投資しているのかもしれませんから、あくまでこんな考え方もあるのだということで一例として認知しておいてください。

まあ、仮想通貨全体として、そこまで厳格な法整備や規制もできていない状況なので、投資をする際はしっかり勉強して、自己責任で行うようにしてくださいね。