ビットコインはGW後に120万円まで回復 ―仮想通貨の四方山話―

四方山話

【 相場予想 】Bitcoinは120万円へ

ども!ブログライターのタツヤです。
ビットコインは、短期で120万円まで再上昇するでしょう!
今日の四方山話は、ワタクシの根拠ない相場予想です。


今週の上昇相場の理由

4月13日に急騰して以降、ビットコイン(BTC)が上げ相場ですね。出来高も増えています。まずはその理由からおさらいしてみましょう。

1.米国のタックスリターン(確定申告のようなもの)提出期限が4月17日だった。

提出期限が終わり、利益確定のための売却が一巡して買い戻しが起きています。

2.米国の大手機関投資家が、相次いで仮想通貨に参入することを表明したこと。

本ブログでも記事にしましたが、ジョージ・ソロス氏のソロス ファンド マネジメントや、ロックフェラーのベンロックが仮想通貨事業への投資を発表しました。
ソロス氏はあれほど仮想通貨をdisっていたにもかかわらず、この手のひら返しですから「よほど儲かるのだろう」と、市場関係者も便乗投資を始めました。また、ゴールドマンサックスの元幹部が仮想通貨関連企業へCEOとして招かれたりと、ウォール街でも優秀な人材が仮想通貨へ次々に参入し、そのことがポジティブに報道されています。

3.底を打ったという安心感

13日の回復以降1週間が経ちますが、相場は安定しています。取引量は増えていますが、利益確定売により下げ戻す様子もありません。80万円台後半の水準が新たな底値として定着しつつあります。

4.日本人の取引量の回復

相次ぐ取引所の不祥事などで市場から遠ざかっていた日本人が戻りつつあります。金融庁の規制政府の法整備へ向けた動きなどが功を奏し、日本の市場心理が改善に向かっています。


尽きた悪材料

一方で、悪いニュースは最近出てきてません。

Coin Check事件と、その後の金融庁の強制捜査など、インパクトがあまりに大きな事件が相次ぎ、市場心理は冷え切ってました。この事件は世界中で報道されましたから、グローバルな影響を与えました。しかし、結局CoinCheckはマネックスに救済され、事なきを得ました。
また3月にブエノスアイレスで開かれたG20は、仮想通貨への規制が主要議題になると予想されていましたが、規制議論は持ち越されました。
このように、ここ1ヶ月ほどは、あまり悪いニュースがありませんでした。。

余談ですが、国際イベントなどで外国人と話すと「CoinCheck」という単語を何度も耳にします。それほど国外でも関心の高いニュースでした。ちなみに、取引所への業務停止命令などは、株式市場なら最大級の悪材料ですが、仮想通貨市場では日常の一幕にすぎません。

このような背景から、仮想通貨市場は現在非常にポジティブなマインドなのです。


最大のけん引役は機関投資家

上記の通り、アメリカの機関投資家が相次いで仮想通貨事業への参入を始めました。しばらくは買い先行の相場が続くことは明白でしょう。買い先行が続くということは、上げ相場が続くと言うことと同義です。
これが、ワタシが相場上昇を予想する最大の根拠です。

アメリカのクジラたちが投資をするときには、大口で一挙に購入したりはしません。
BTCは大きな話題になってはいるものの、現在の時価総額は所詮1兆円未満です。このような小さな海で数千億円(あるいは兆単位)の資産を持つクジラたちが踊れば、市場が崩壊します。ですので、クジラたちはゆっくりと泳がざるを得ないのです。
これが、上昇相場がしばらく継続すると予想する根拠です。


上げ相場はいつまで続くか?

問題は、いつ売られるかです。
私は、その水準を120万円から130万円と推測しています。これは、先月までのチャートからの推測です。

2018年1月から4月までの日足(BTC)

1月のCoin Check事件の後に、一時70万円まで下落したBTC相場は、2月上旬の年初来最安値から1カ月間上がり続け、3月上旬に120万円まで回復しました。
その後は、G20への警戒感など悪材料が重なって再び下落へ転じました。

ワタシは3月上旬の120万円という数字に着目しています。つまりBTCには120万円のポテンシャルが十分あると認識していいでしょう。この120万円という数字は、投資家の心理線として作用するはずです。ですので、120万円で利益確定の売りが出る可能性は高いでしょう。
あるいは、好材料が続くのであれば、130万円以上を試す展開も十分予想されますが。


相場は心理で動くもの

「株は噂で買って事実で売れ(Buy the rumor、Sell the fact)」といいます。それほど、相場というのは心理で動くものなのです。
そして、今の仮想通貨市場は、海外の大物投資家達が相次いで強気な予想を相次いで発表しているなど、心理的に強気です。
Tim Draperさん、Peter Thiel さん、Tom Leeさんなどの有名人が、BTCが数倍から数十倍高騰すると発言してますしね。
何度も言いますが、市場で最も重要なのはマインドです。メディアに強気な記事が溢れれば、相場も強気になるのが人間の性です。

90万円未満の現在のBTC価格から、早ければゴールデンウィーク明け頃には30%程度の上昇が見込めるこの市況は、ワタシは買いの一手だと予想します。