ビットコイン(Bitcoin) ~原点で頂点の仮想通貨ビットコイン特集3

注目の通貨

前回に引き続きビットコインの特集を載せていきたいと思います。今回で最後となります。

 

目次

1. ブロックチェーンとは

2. ビットコインと貨幣の関係

3. ビットコインの今後について

 

1. ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは結局のところどのような技術なのでしょうか。

ブロックチェーン英語Blockchainブロックチェインとも[1][2])とは、分散型台帳技術[3]、または、分散型ネットワークである[4]ビットコインの中核技術(サトシ・ナカモトが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。フィンテックに応用されるケースでは独占資金洗浄の危険が指摘されることもある。(出典:Wikipedia)

Wikipediaには上記のような説明が載っていますが、もう少し噛み砕いてお伝えできればなと思います。

ブロックチェーンというのは、一言で表すとデータ構造のことです。その構造は直線的な取引データの記録の連なりであり、「採掘者(マイナー)」と呼ばれる人々のコンピューターが新しい取引を記録する度に報酬が支払われるシステムで動いています。

そしてそのデータ構造には重要な特徴が2つあります。1つ目は、一つのブロックが変更されると後続する全てのブロックが無効となってしまうため、取引データの改ざんが困難となっていることです。2つ目は、マイナーは他のマイナーと同じブロックチェーンの取引データを記録することによって報酬が得られるため、他のマイナーと足並みを揃えることにインセンティブがあるということです。

これらの特徴によってもたらされるものは、共有された真実の取引記録です。マイナーが自分のインセンティブを考えて行動すれば、自然と合意が形成される仕組みとなっています。もし仮に悪意のある取引記録を追加しようとしたり、別の取引記録の歴史を作ろうとしても、自分だけ何も報酬を得られなくなるだけです。このルールは数学的に記述されていて、誰にとっても公平なものとなっています。

少し長くなってしまいましたが、上で書いたブロックチェーンという技術について要約すると以下のようになります。

とても長い、小さなファイルの配列。それぞれのファイルには、ファイルのハッシュ値、新しいデータ、複雑な計算問題の解を入れるようにし、データを記録してくれる人々に、決まった時間毎に一定の報酬が与えられる仕組み。

この技術が既存の社会システムを変える大きな可能性を秘めており、ビットコインが回る仕組みとなっているのです。

 

2. ビットコインと貨幣の関係

それではビットコインと貨幣の関係について考察していきたいと思います。ビットコインは一般社会においてどのような存在になっていくのでしょうか、通貨として普及していくのでしょうか。

まずは貨幣の定義から入りたいと思います。一般的に、貨幣には3つの機能・役割があると言われています。

1. 交換の手段

2. 価値の尺度

3. 価値の保存

です。それぞれについて考えていくと、1は自分の欲しいものを手に入れる際に、貨幣と何かを交換できるという役割です。貨幣が無ければ物々交換の時代に戻ってしまいます。2は欲しいものと交換する際に、それがどのくらいの価値があるかを判断する機能です。もし貨幣が無いと、交換する度に自分が交換するものの量や数や種類を決めなければなりません。3は欲しいものが無いときに、交換する権利を持っていおく手段になります。自分の交換するものが時間が経つことによって悪くなるものであれば、いざ交換したい時にできなくなり困ってしまいます。以上の3つの役割全てが貨幣には備わっています。

次に、貨幣は大きく分けて2種類のものがあります。一つは貨幣となっているもの自体が価値を持っている実物貨幣、もう一つは価値が政府などの信用によって担保されている信用貨幣です。実物貨幣の代表例は金貨です。金貨自体が価値を持っている理由は、0から作り出すことができず(数が限られており)、誰が精錬しても同じコストがかかるからです。信用貨幣の例は国が発行している紙幣です。紙幣の価値は紙自体ではなく、発行元の政府に対する信用になります。

ではビットコインはどちらに分類されるのでしょうか。どちらでもないという意見もあるかもしれませんが、ビットコインの性質は実物貨幣に近いと考えられます。何故なら、ビットコインのマイニングには電気代というコストがかかるからです。そしてこのマイニングは、「1. ブロックチェーンとは」で記載した通り公平な仕組みで回っているため、誰がやっても同じ程度のコストがかかり、当然0から作り出すことはできません。その性質は非常に金と似ていると言えるでしょう。従って、ビットコインは実物貨幣としての価値を今後高め続けていくと思われます。

 

3. ビットコインの今後について

今後ビットコインはどうなっていくのでしょうか。通貨として一般的に普及するためには価格の安定と手数料が下がることが必要でしょう。しかしビットコインには価値の保存としての素晴らしい機能が既にあるため、価値はまだまだ高まっていくと思われます。さらに流動性が高まり価格が安定し、ドルや円に匹敵するくらいの通貨になる時代がくるようになると通貨間で競争が起き、本当に価値のある通貨が生き残るようになるでしょう。

現在ビットコイン価格はピーク時の半分以下ですが、ビットコインの歴史から考えても、今後まだまだビットコイン価格は上がるのではないでしょうか。

 

まとめ

・ブロックチェーンはとても長い、小さなファイルの配列

・ビットコインには金のような実物貨幣としての価値がある

・ビットコインにはまだまだポテンシャルがある