【深堀り】ビットコインコアが求めるtrustlessの問題点

深掘り解説

突然ですが、みなさんは仮想通貨を保有していますか?

仮想通貨を単に投機目的で捉えている人は別として、多くの仮想通貨保有者は、ブロックチェーンの仕組みや未来も少なからず勉強しているのではないでしょうか。

そもそもブロックチェーンとは、正体不明のサトシナカモトという人の論文から世界に広まり、今なお、開発や研究が進んでいます。

しかし、ブロックチェーンの本来の思想である「完全分散型」

これについて、深くまで考えたことのある人は、果たしてどれほどいるのでしょう。

今回は、ブロックチェーンの問題点や懸念点について述べて見たいと思います。

ネット上での商品売買

ブロックチェーンの仕組みの一つに、「スマートコントラクト」というものがあります。

スマートコントラクトは、その名前の通り、コントラクト(契約)をスマートに行えるプロトコルのことです。つまりスマートコントラクトとは契約の自動化であり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることができます。

取引プロセスを自動化できるため、決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減にも寄与すると期待されており、各国で取り組みが行われています。また、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用すると、ユーザー同士が直接取引を行う非中央集権型のサービスを実現でき、社会に大きな変化をもたらす可能性があると言われています。

出典:http://gaiax-blockchain.com/smart-contract

要は、相手が誰かわからない状態でも、仕組みで信頼の部分をカバーできるという、革命的な技術の一つです。

例えば、みなさんがAmazonでKindle本を買ったとします。

これはもちろん、みなさんがお金を払ったら、即座にAmaonの仕組みによって商品がダウンロードできますよね。

しかし、これが個人間でのやりとりだとどうなるでしょう?

オフラインだと難しいですが、匿名オッケーのネット上では、先にお金を受け取った販売者が商品を受け取るインセンティブを失ってしまうケースがあります。

そのため、お金だけ受け取って商品を送らないという事例も起こってしまうんです。

この「信頼」の部分を現段階ではAmazonなどの信頼ある会社や団体が補填することによって、ネット上でも価値の交換を実現することができています。

 

スマートコントラクトだと?

この中央集権的な仕組みに異を唱えたのが、サトシナカモトの提唱した論文であり、ブロックチェーンというテクノロジーです。

しかし、スマートコントラクトを大衆レベルまで落とし込んだ未来を想像してみましょう。

仮に、僕とあなたでネット上の商品売買を行うとしましょう。

スマートコントラクトでは、仮想通貨とKindleのデータが両方depositされた(発射準備見合いなイメージ)上で、同時にやりとりが行われます。

しかし、そのやりとりが正しかったのかどうか、またはスマートコントラクトの仕組みが政党なのかを証明するには、かなりの知識と理解を求められます。

 

結局、trustlessな社会、完全分散型で中央のない世界が到来したとしても、第三者となる信頼者の存在は、多くの人が求めることになると思っています。

その信頼者は、例えばbitcoinerの人であったり、企業の重役であったり、プログラミングに精通している人だったり。

そういう繋がりや信頼者を求める大衆の割合の方が、どう考えても割合として多くならざるを得ないのではないでしょうか。

このまま完全分散型で、trustlessな仕組みを追い求め続けると、情報や資産など、多くの分野において超格差社会が訪れることになるでしょう。

それで良いと言われればそれまでですが、少なくとも世界中の過半数がその世界を求めているのかと聞かれたら、どう考えてもイエスとは言えないですね。

まとめ

少しばかり難しい話になってしまいましたが、ブロックチェーンの未来について個人的に真剣に考えてみました。

今仮想通貨を保有している人や、ブロックチェーンをなんとなくわかったつもりでいる人の多くが、ブロックチェーンを魔法的に捉えすぎていると思います。

多くのことは、ブロックチェーンを使えば解決できるとか、仮想通貨決済にすれば問題ないとか。

でも多分そんな訳はなくて、ブロックチェーンで出来ることは限られているし、ブロックチェーンベースにすることで新たな問題や、今までより不便になることもたくさん出てくると思います。

 

仮想通貨やブロックチェーンに可能性を感じるのは良いことですが、ポジショントークにならないように、逆の立場からマイナス面について考えてみるのも、新たな課題が見えたり、違う視点で勉強になって面白いですよ。