NEM Barへ行ってきました

注目のサービス

仮想通貨で支払える店
 渋谷「NEMバー」レポート


NEM Barに行ってきました。

渋谷にある、ネム バー(NEM Bar)へ編集部で行ってきました。
仮想通貨業界では有名な暗号太郎さんのお店です。今回はNEM Barのリポートをお届けします。


NEM Barの概要

NEM Barは、渋谷駅から徒歩7分ほどの距離、松濤地区にあります。

黒で統一されたシックな内装の静かなバーですが、その最大の特徴は仮想通貨で支払いが出来ることでしょう。

仮想通貨XEM(NEM)と、Bitcoin、そして日本円での支払いが出来ます。なお、XEM(NEM)で支払うと10%割引となります。

  • XEMはNEMの通貨の呼称です。誤用が定着してしまっていますが、NEMとXEMは異なるものです(こちらの記事を参照)。NEM Barへ行くなら、この辺りはチェックしておきましょう。

NEM Barの内装

黒を基調とした落ち着きのある内装です。店内は暗く、静かで、ゆっくりとお酒を楽しめます。

カウンター席と、ソファー席があります。カウンターで一人ゆっくりとグラスを傾けても良し、ソファー席で友人と仮想通貨談義をしても良し。

 

入り口には、NEMのエンブレムがアレンジされています。かっこいいですね。
NEMのバーに来たんだ、という実感がわきます。


ユニークだけど本格的なカクテル

NEM Barの特徴の一つはそのユニークなカクテルでしょう。
内装と雰囲気はオーセンティックなバーですが、提供されるドリンクはとてもユニークです。
メニューはネットでチェックできますのでこちらをご確認ください。

 

このように、仮想通貨にちなんだオリジナルカクテルがメニューのトップに並んでいます。

ネム・モザイク(オレンジ) 1,000円
 香草系のリキュールをベースに甘みを作り出す

ネム・アポスティーユ(ブルー)1,000円
 ココナッツ風味とミントの相思相愛

ネム・ハーベスト(グリーン)1,000円
 メロンと桃の香りが広がるスイートなドリンク

ビットコイン・ドライバー 1,000円
 アプリコットを率いる王者によるスクリュードライバー

モナ・ミルク 1,000円
 チョコミント味、キター!

イーサリアム・スタウト 1,000円
スマートな黒ビールにラムを加えた大人のビアカクテル

リップル・ブルー 1,000円
瞬時に送金できそうなスカッとした炭酸とカカオ味のカクテル

  • 価格は4月22日の相場です。XEM/円の相場は大きく変動しますので、お店を訪問する直前にチェックしましょう。

オリジナルカクテル以外にも、一般的なカクテル全般、ソフトドリンク、シャンパンなど様々なドリンクが用意されています。オリジナルカクテルを除けば、一般的なオーセンティックバーですね。そしていずれのメニューも仮想通貨で支払うことが出来ます。

入店して席に着くと、バーテンダーさんが、お店の説明をしてくれます。とはいえ、特に難しいことはありません。メニューがネットでもチェックできること、仮想通貨で支払えること、WiFiが使えること、そしてスペシャルメニューの事などです。
メニューも、コースターもすべて黒一色です。BTCのマークが入ったコースタはここでしか見られないのではないでしょうか?

早速注文してみましょう。まずは、ネム・ハーベスト(グリーン)とビットコイン・ドライバーを注文。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前はユニークですが、味はオーソドックスで、大人でも十分楽しめる本格カクテルです。


2杯目は、リップル・ブルー、イーサリアム・スタウト、モナ・ミルクを。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店内が暗いので、スタウトは泡しか写ってませんね…すみません。
モナコインのコースターが可愛いです。モナ・
ミルクは甘みのある女性向けの味です。
リップル・ブルーはカカオの風味があって、こちらも女性に喜ばれそうな味ですね。


 

支払い。

NEM Barですが、XEMでしか支払えないというわけではありません。日本円でも支払えますので、仮想通貨を持っていない人でも安心して支払えます。また、支払いの一部をXEM、残りを円という払い方も出来ました。

しかし、せっかくのNEM Barなのですから、XEM支払いにチャレンジしてみましょう。
なにより、XEMで支払うと10%割引ですし。

ごらんのとおり、XEM、BTC、円での支払いが可能です。
仮想通貨で支払う際は、ウォレットを利用しましょう。NEM公式のNEM Walletはアンドロイド版とiOS版があり、どちらも無料で利用できます。
もちろん、NEM Wallt以外のオンラインウォレットからでも支払いができますよ。

我々は、もちろんXEM支払いを選択。NEM Walletを使っていることを告げると、店員さんがQRコードが表示された端末の画面を提示してくれました。NEM WalletのアプリでQRコードを読むと、価格が表示されます。あとは送信ボタンを押すだけ。
20秒ほどで支払い完了の音が鳴って、終了。あっけないほど簡単でした。


数年後には仮想通貨で買い物をすることは一般的なことになるのは間違いないでしょう。SuicaやPASMOやnanacoが登場から数年で世間(関東)に浸透したように。
しかし現在では、仮想通貨がリアルで使える店舗はまだまだ少ないのが現状です。でも、せっかくの新技術なのですから、投機だけに仮想通貨を用いるのはもったいないのではないでしょうか?
NEM Barは、仮想通貨は通貨である、ということを実感できる数少ない場所の一つです。

渋谷のNEM Barは、渋谷駅徒歩7分程度の便利な場所にあります。皆さんも一度訪れて、仮想通貨をリアルで利用してみてはいかがでしょうか?

次回は、NEM Walletの使い方をご紹介します。