アノマリーとは?

用語集

今日の仮想通貨用語:アノマリーとは?

 

〔名〕効率的市場仮説では説明ができない相場の動きのことをいう。(英:anomaly)

市場は、プレーヤーが自らの利益を最大化するために行動することを前提にしている。したがって、相場の変動は合理的な理由があるとみなされる。しかしながら、実際の市場では、投資理論では説明のつかない価格形成や、経済合理性だけでは説明できない値動きが頻繁に観測される。
このような非合理的な値動きの一部には、一定の法則性が見られるものがある。このように、明確な合理性や根拠があるわけではないが、繰り返し出現する相場の経験則や事象をアノマリーという。
【anomaly】〔名〕 変則、例外、異例


アノマリーの例:
「低PER効果」 PERの低い銘柄は、市場平均よりも高い収益率をもたらすことが多い
「10月効果」 米国株式市場は10月に安値を付けることが多いため、10月に買うと利益が大きくなる

その他:「節分天井・彼岸底」「リターン・リバーサル」「曜日効果」「モメンタム効果」など