ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) ~もう一つのビットコイン~

注目の通貨

前回のビットコイン特集に続き、今回はビットコインキャッシュの解説を載せていきたいと思います。

 

目次

1. ビットコインキャッシュとは

2. ビットコインキャッシュの特徴、ビットコインとの関係

3. ビットコインキャッシュの今後

 

1. ビットコインキャッシュとは

  

基本スペックは以下。

通貨単位 BCH

発行枚数 2100万枚

ローンチ 2017年8月

承認システム Proof of Work(PoW)

ブロック承認時間 約10分

ビットコインからのハードフォークによって、2017年8月1日にビットコインキャッシュが生まれました。ハードフォークの要因としては、ビットコインのコア開発者や大手マイナー集団による意見の対立がありました。ビットコインのユーザー数増加による取引承認の遅延や手数料の高騰等を抱えており、その改善策を巡り、意見の対立が長期化していました。

改善策として色々な案が出されましたが、最終的には大手マイナー集団により、ブロックサイズを拡大したビットコインキャッシュが誕生しました。

 

2. ビットコインキャッシュの特徴、ビットコインとの関係

・ブロックサイズ

・セキュリティ面の強化

・SegWit

ビットコインとの最大の違いはブロックサイズです。ビットコインのブロックサイズが1MBなのに対して、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBとなっています。これはビットコインのスケーラビリティ問題を解消するために作られたもので、1秒あたりの取引処理能力がビットコインよりもビットコインキャッシュの方が高くなっています。ですが現状としては最大でも1MB以上のブロックはできておらず、宝の持ち腐れ状態です。しかし、今後ビットコインキャッシュの流通量が多くなれば、8MBの意味が出てくるでしょう。

またビットコインキャッシュはセキュリティ面も向上されています。ビットコインキャッシュは、リプレイアタックというハッカーによるビットコインネットワークへの攻撃に対する対策もされており、セキュリティ面の進歩が大きいです。一方、ビットコインはまだリプレイアタックへの対応がされていないため、この部分のセキュリティ面も課題となっています。またビットコインキャッシュには、トレザー(USD型ウォレット)のようなハードウェアウォレット等のセキュリティを向上させる施策も含まれています。

SegWit(セグウィット)の実装はビットコインと同様で未実装となっています。SegWitとはSegregated Witnessの略で、データを圧縮しブロックサイズは変えずにブロック内の取引記録の情報量を増やすことで、同時に多数の送金処理ができるシステムです。以下のモナコインの記事で一度紹介した技術です。

https://www.smcoin.jp/2018/03/03/post-462/

ちなみにモナコインは世界で初めてSegWitが実装された通貨です。SegWitはスケーラビリティ問題を解決するために検討されているアップデートですが、ビットコインキャッシュとビットコインにはまだ実装はされていません。

 

3. ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュの今後に関してですが、将来的にまずビットコンキャッシュはブロックサイズが8MBから32MBへと拡大されるハードフォークが予定されています。

それだけでなく、イーサリアムのようなスマートコントラクトの機能を実装する予定もある模様です。

さらに長期的にはアフリカ市場への進出も考えられ、コインテキストという電話回線のみでビットコインキャッシュを送金できるサービスが2018年3月に既にローンチされています。まだ発展途上にあるアフリカで、電話回線を利用したビットコインキャッシュの送金がいきなり流行する可能性は大いにあると言えるでしょう。

ただ、少なからず問題点も存在しており、ビットコインキャッシュはマイニングによって特定の期間にブロックが一定数以上見つからないと、自動で難易度が調整される仕組みとなっています。この機能により最初は採掘効率が悪かったビットコインキャッシュも、徐々に採掘効率が向上し、多くのマイナーがマイニングするようになりました。しかし、まだまだビットコインのマイニングハッシュレートには及ばず、ビットコインに代わる存在には遠いです。現状ビットコインキャッシュのマイニングでフルノードになるには、ブロック拡大後は高スペックのPCが必要不可欠となっています。そのため、マイナー以外の人がフルノードになるインセンティブが無く、ビットコインキャッシュはマイナーによる中央集権的な通貨になってしまう可能性を孕んでいます。

話は少し変わりますが、直近の2018年4月下旬にビットコインキャッシュが急上昇し、一時20万円近くに到達しました。この高騰は、世界最大の中国のマイニングプールがビットコインキャッシュのマイニング収益の一部をバーンしていることが分かったためとのことです。バーンされると流動性が減りインフレとなるため、希少価値が高まって結果的に価格が高騰したことが予測されます。現在は1BCH=16万円で落ち着いています。

ビットコインキャッシュはビットコインより完璧なビットコインを作ろうという目的から生まれたプロジェクトというだけあり、他の通貨のハードフォークとは全く別の方向に成長しようとしています。仮想通貨業界では、いつかビットコインキャッシュがビットコインに置き換わる時が来る等と言われていたりしますが、今後のアップデート次第では現実になる日が来るかもしれません。

従って、将来的な価格予測としては、ビットコインと同じくらいの価格まで値上がりする可能性は十分にあると考えられるでしょう。

 

まとめ

・ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークによって誕生した通貨

・ブロックサイズがビットコインの8倍大きい

・リプレイアタックという攻撃に対する耐性もあり、セキュリティ面も強固

・SegWitはビットコイン同様で未実装

・将来的に様々なアップデートがされる見込み