【時事】Warren Buffetが暗号通貨に懐疑的な理由

時事できごと

この記事を読んでいる方は知っている人がほとんどだと思いますが、投資界隈では知らない人のいない、世界的に有名な投資家 Warren Buffet について。

彼は、その類い稀なる才能と圧倒的な努力・経験により、投資家として大成功を収めたうちの一人です。

そんな彼、実は、暗号通貨に関してはかなり懐疑的なスタンスを取っているんですね。

暗号通貨は投資ではなく、あくまで投機

これを見て、Warren Buffetさん何言ってるんだと思う人もいるかもしれません。

しかし、やはり投資において圧倒的な成果を出した世界的富豪の発言、少し真剣に考えてみたいと思います。

 

まず、Warren Buffetのこの発言を理解するためには、投資と投機の違いを理解しておかなければなりません。

分かりやすく簡単に説明すると、投資というのは「資本に投ずる」ことで、投機というのは「チャンスに投ずる」みたいな感じです。

前者は資本ということで、株であったり、付加価値があるものに対して資産を投じることにより、将来的なリターンを得ようというもの。

それに対して後者は、FXやデイトレード、ギャンブルなど、一時的なチャンスに対して資産を投ずることでリターンを得ようというものです。

 

なぜ暗号通貨は投機なのか?

「Bitcoinはギャンブルであり、ゲームであり、投資ではない。」

というのがWarren Buffetの主張です。

では、なぜBitcoinを所持することが投機なのでしょう?

 

念のため言っておくと、彼は暗号通貨を保有することに対しては、決して悪いことだとは言っていません。

ただ、それが投資対象として捉えている人が多いという現状に対しての意見であり、Bitcoinの価格が上がらないとか、そういう類の発言ではないことはしておいてください。

その上で、やはり暗号通貨というのは誰かが購入し、それを他の人がより高い値段で買うことを期待するという意味で、ギャンブルであり、ゲームであると発言されています。

 

確かに、暗号通貨にペイしている人の多くは、そのコインの法定通貨ベースの価値が上がっていくことを期待していますよね?

それは、自分以外の誰かが取引板の中で、自分が購入した価格よりも高い価格で購入しなければならないことと同意です。

そういった意味で、暗号通貨は投資ではなく投機であるというのは、あながち間違った主張でもないかもしれませんね。

ぜひ一度、真剣に考えておきたいテーマであると思います。

最後に

とはいえ、暗号通貨の可能性や、未来のテクノロジーに対しての理解がある上で暗号通貨を保有することは、私からしたら投機ではなく投資だと考えています。

Warren Buffetは昔からテクノロジーに対して疎いという歴史も多少ありますので、そこまで深刻に思い詰めなくても良いかもです。

ただ、個人的には暗号通貨に対して投機的に捉えている人の割合が、やはり日本では圧倒的にマジョリティであるとも思います。

毎日のようにチャートをチェックしたり、暴落したら自信がなくなって狼狽売りしたり、不安になって弱気になってっしまったりなどなど。

 

本当に暗号通貨の未来に対して理解してたり、ブロックチェーンのテクノロジーとしての革新性、サトシナカモトの提唱したブロックチェーン原理主義の思想を踏まえた上で資産をペイしているのであれば、私は投資として捉えることにしています。

皆さんも、周りの圧力につられてしまったり、雰囲気で暗号通貨にペイすることのないよう、十分に十分すぎるくらい勉強してから購入するようにしましょう。

いつまでも誰かが、上がる!と言ったという理由で購入してしまっていては、リスクが高すぎますからね、気をつけてください。