ゼロコンフォーメーション (ゼロ承認)とは?

用語集

今日の仮想通貨用語:ゼロコンフォーメーションとは?

〔名〕Zero Conformation / ゼロ承認
ブロックチェーンを用いた送金(トランザクション)が、どのブロックにも属していない状態のことを言う。ゼロコンフォーメーションの状態になったトランザクションは、失敗と認識され、送金は行われない。
ブロックチェーンは二重支払いを防止する機能を備えているが、この二重支払防止機能が正しく機能しないことで、送金が失敗することがある。

あなたが、AさんとBさんにビットコイン(BTC)を送金するとき、Aさんへの送金手続きを行った直後に、Bさんに対してより多い手数料を払って送金を実行した場合、Bさんへのトランザクションが優先的に処理され、Aさんより先にBさんへ着金することがある(Bさんの承認が優先された)。これにより、Aさんへの送金手続きは行われない状態(ゼロ承認)となり、送金は失敗する。この現象をゼロコンフォーメーションという。原因は、ブロックチェーンのシステムが、Aさん宛とBさん宛ての2つの送金を、同一者への送金と誤解して2重支払であると判断し、Aさん宛ての送金を自動的に取り消すためである。

関連リンク
二重支払いとは?