米著名アナリスト Bitcoinの成長率に否定的

時事できごと

Nick Cloas氏 BTCは今買うべきでない

 

ライターの結城です。米国で著名な金融アナリストにして投資家のNick Colas氏は、CNBCの取材に対して、現時点でビットコインを購入することに否定的であるとコメントしました。


今は買時ではない

 Nick Colas(ニック コーラス)氏は、米国の金融アナリストであり、また投資ファンド DataTrek の共同設立者でもあります。Colas氏は、5月4日 CNBCのTrading Nationに出演し、インタビューに答えました。

「我々は多くの人から”今はビットコインの買い時か?”と聞かれる。一言で答えるならNOだ。」
BTC価格が$2,000の頃から保有し、観察し続けてきたColas氏はこのように答えました。
「ビットコインは、先月$6,400から$9,700まで反発した、 また昨年12月には瞬間的に$20,000を記録した。
12月は先物取引が開始され、それを基板とした明らかなバブルだった。」

“We’re getting a lot of people asking is now the right time to buy,” “The short answer is no.”
“It was absolutely a bubble based around the futures launch in December, and a lot of enthusiasm for the asset,”


検索されない = 興味を持たれていない

Colas氏が、ビットコイン(BTC)の上昇予想に否定的である原因は、グーグルの検索結果と、ウォレットの成長率です。
「ビットコインに関して、現在Googleで検索される回数は、12月と1月に比べて85%から90%ほど減少しています。また、ブロックチェーンのウォレットの成長率も低調です。昨年は毎月5%から7%ほど成長していたことに対して、先月は僅か2.2%しか増加しませんでした。」
この2つの要因が、氏がBTCの直近の成長に疑問を呈する理由です。

「今しばらくBTCは我慢の時だろう。3年まえまでのように。」彼はそのように締めくくりました。

参考リンク
Wall Street’s first analyst to cover bitcoin urges caution