コンセンサスアルゴリズムとは?

用語集

今日の仮想通貨用語:コンセンサスアルゴリズムとは?

 

〔名〕(英:Consensus Algorithm)
ブロックチェーンを支える最も重要な仕組みの1つ。ブロックチェーンを採用する仮想通貨(例えばビットコイン)を送金・保管する際に、その送金データが正しいことを承認するデータを作成する権利を得る為のルールのこと。
ブロックチェーンは、非中央集権型管理のために管理者がおらず、取引の際に正当性を証明する機関は居らず、代わりに参加者全員が取引を監視し合い、承認し合う非中央集権的な方式を採用している。

ブロックチェーン上で取引を行う際には、ブロックと呼ばれるデータの箱に取引の内容が記録され、参加者全員で承認が行われる。このブロックを作るためには膨大な計算が必要となり、最初に計算を終了させてブロックを作った者のデータを、他の参加者が承認することで、取引の正しさがブロックチェーン内で保障されることになる。なお、このとき最初にブロックを作った者が、ビットコインなどの報酬を与えられる。この一連の作業をマイニング(採掘)と呼ぶ。

コンセンサスアルゴリズムを日本語に訳すと「合意形成方式」であり、作成されたデータが正しいかどうかを参加者全員で合意するシステムであることから名付けられた。

コンセンサスアルゴリズムには複数の方式があり、PoW、PoS、PoIなどが主流である。

関連リンク
ETHがPoWからPoSに移行する件に関する個人的見解
ビットコイン(Bitcoin) ~原点で頂点の仮想通貨ビットコイン特集1~
ブロックチェーンの基本!コンセンサスアルゴリズムとは何なのか?