インターオペラビリティ(Inter-Operability 相互運用性)とは?

用語集

今日の仮想通貨用語:「インターオペラビリティ」とは?

 

〔名〕(英 Inter-Operability :相互運用性) 異なるブロックチェーン間で、トークン(情報やコイン)を交換できるようにすること。
あるブロックチェーン上で管理されているトークン(情報やコインなど)を、別のブロックチェーンに移行させることは、ブロックチェーンの管理の仕組みが異なるために出来ない。例えば、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)は、ブロックチェーンが異なるため、BTCをBCHに直接換金することは出来ない。このため、通常は取引所などが仲介して換金する必要がある。
取引所を介さずに、擬似的に直接ブロックチェーン間でトークンの受け渡しが出来るような仕組みを、インターオペラビリティーという。
この場合、異なるブロックチェーン間で直接トークンを受け渡しているのではなく、受け取側のブロックチェーンに適応するよう、トークンの一部を書き換えている。両ブロックチェーンが書換えと受取りに対応している場合、インターオペラビリティーが確保されている状態であるという。

アトミックスワップはこのインターオペラビリティーが確保されたブロックチェーン間でのみ利用することが出来る。