ビル ゲイツ氏 「ビットコインに投資するなら空売りする」

時事できごと

ゲイツ氏 「仮想通貨は完全にクレイジーで投機的」

 

マイクロソフト会長のビル ゲイツ氏は、改めて仮想通貨に対して否定的なコメントをしました。

マイクロソフトの共同設立者で、世界有数の資産家でもあるビルゲイツ氏は、7日にCNBCの番組 ”Squawk Box” に出演し、「投資としては、純粋にとても愚かな手法」と言い切り、「ビットコインで簡単に投資する方法があるなら、空売りであることに同意だ」とも述べました。

ゲイツ氏は、番組内で仮想通貨に関して見解を問われ
「(ビットコインは)は資産として何も生み出していないので、値上がりは期待すべきではない。ビットコインとICOは完全にクレイジーで投機的な存在であると、私は信じている。」と発言しました。
また、ゲイツ氏は、知人から誕生日プレゼントにビットコインをもらったことがあるが、数年後に売ったとも付け加えました。

“As an asset class, you’re not producing anything and so you shouldn’t expect it to go up. It’s kind of a pure ‘greater fool theory’ type of investment,” 
“Bitcoin and ICOs, I believe completely [they’re some] of the crazier, speculative things,”  Gates said. He added someone once gave him some bitcoin for his birthday, but he sold it a few years afterward.

ゲイツ氏はこれまでも一貫して仮想通貨に否定的な発言を続けています。2月には「過疎通貨は麻薬取引に使われている。直接的に死をもたらす通貨だ」と発言しました。ただし、氏はブロックチェーン技術に関しては肯定的な態度です。ブロックチェーン上で取引される、実態のないトークン化された通貨に対しては、何の価値も持たないものである、という見解を持っているようです。

ゲイツ氏に限らず、ウォーレン バフェット氏や、バフェット氏の長年のパートナーであるチャーリー マンガー氏も、先週に仮想通貨を強烈に否定する発言をしています。
一方で、イーロン マスク氏や、オハニアン氏などは非常にポジティブな予想をしています。

世界的に影響力を持つ投資家達の対比が面白いですね。