イーロン マスク氏 ウォーレン バフェット氏を挑発

時事できごと

マスク氏 「キャンディー会社を作って、バフェット氏に投資させる」

 

テスラの共同設立者であり、投資家であるイーロン マスク氏は、自身のツイッターでウォーレン バフェット氏を強烈に挑発しました。

投資の神様と呼ばれ、7,000億ドルの資産を有する投資ファンド 「バークシャー ハサウェイ」の代表であるバフェット氏は、週末の株主総会にて、仮想通貨を「2乗された殺鼠剤」「ビットコインは、バッドエンドを迎える」と発言しましたバフェット氏はこれまでも一貫して仮想通貨を批判しています

そのバフェット氏の発言に対して、テスラの設立者であり、スペースX、ペイパルなどを手がける実業家のイーロン マスク氏は、自身のツイッターでバフェット氏に強烈な皮肉を浴びせました。

「私はキャンディー会社を作る。それは素晴らしいものになるに違いない。」
「私はとてもとても真剣だよ」

I’m starting a candy company & it’s going to be amazing
I am super super serious

 

このツイートの数日前に、マスク氏はテスラの収支報告にて、バフェット氏を批判しています。
マスク氏は、収支報告書の中で、バフェット氏の「堀」理論を批判しました。「堀」理論とはバフェット氏の造語で、企業の競争力を支える概念です。ライバル企業との競争において自社を守る為の付加価値を堀に例え、大きな堀を持っている企業(競争の優位性が強い企業)を良い企業だとバフェット氏は定義しています。

しかし、マスク氏は「堀」理論は最早時代遅れで、イノベーションの速度が上がっているこの時代においては、イノベーションこそが企業にとって最も重要であるとの持論を示しました。そして、5日にバフェット氏がバークシャー ハサウェイ社の株主総会にて、ビットコインをまもなくバッドエンドを迎えると批判したことに対して、マスク氏はツイッターで批判を展開します。

それが上記の「キャンディー会社」発言です。
バフェット氏は1972年にSee’s Candiesという有名なお菓子屋を買収し、現在もこの会社を保有しています。マスク氏はこのことを皮肉ったのでしょう。

マスク氏はツイッターで更に挑発を続けます。
「仮想通貨キャンディーを作る」「堀を作って仮想キャンディで埋め尽くすよ。バフェットも投資せざるを得なくなる。」

Then I’m going to build a moat & fill it w candy. Warren B will not be able to resist investing! Berkshire Hathaway kryptonite …

マスク氏がどこまで本気かは解りませんが、仮想通貨の将来性を強く信じるマスク氏と、仮想通貨を詐欺であるとして強く否定するバフェット陣営との論戦はしばらく続きそうです。

参考リンク
ウォーレン バフェット氏 改めてビットコインを否定