リップルが起業家支援プロジェクトを開始

注目のサービス

Ripple 新規事業支援のための投資事業を発表

 

Ripple(リップル)は、ブロックチェーン技術に関連した起業家達を支援するためのプロジェクトを行うと発表しました。


新プロジェクトの概要

5月14日(月曜)、Ripple社は起業家支援のためのプロジェクトであるXpringを発表しました
Xpring(スプリングと発音)は、仮想通貨XRP(Rippleの通貨)とXRP Ledgerを利用して、顧客の問題を解決するような提案が出来る起業家達を支援するためのプロジェクトです。

Rippleは、発表資料の中で次のように述べています。
「XRP Ledgerの主要な貢献者であり、仮想通貨XRPを大量に保有する企業である我々は、これまで起業家や開発者からしばしば、”XRPに関連したプロジェクトについてリップルからの支援が欲しい”、と相談されていました。投機的な事業を行わない数少ないブロックチェーン企業であるRippleは、有意義な方法で起業家達をサポートできる唯一の企業であると思っています。」

“As a major contributor to the XRP Ledger codebase and large holder of XRP, we often hear from entrepreneurs and developers that they’d like support in one form or another to help them with their XRP-related projects. As one of the few blockchain companies with traction for a non-speculative use case, we feel we’re uniquely positioned to support entrepreneurs in a meaningful way.”


元Facebook役員のBeard氏を招聘

Rippleは、このXpringプロジェクトチームを率いるリーダーとして、元FacebookのBeard氏をチームに招きました。発表資料には次のように記されています。

最善のサポートを起業家へ提供するために、我々は有能なチームが必要です。そのために我々は Ethan Beard氏をXpring計画のシニアバイスプレジデントとして招聘することにしました。Beard氏は、これまで様々なIT企業でアドバイザーを務めていましたが、それ以前(2009年から12年まで)Beard氏はFacebook デベロッパー ネットワークで取締役の任にありました。
Beard氏は、Xpringプロジェクトに就任するに当たって次のように意気込みを語りました。
「私は、新たな技術開発を行う新規事業の成長を支援することが好きです。Facebookにいたときは、Facebookのプラットフォームを用いて、様々な企業がゲーム、音楽、ニュースなどの分野で大きなビジネスを成し遂げていくのを見ていました。ブロックチェーンと仮想通貨は大きな問題を解決する可能性を持っており、そしてXRPは取引のスピード、規模、現実世界での実用性を備えたXRPは、起業家の重要なビジネスツールとなり得るでしょう。」

“I love helping startups leverage new technologies and developments to grow. At Facebook, we saw companies in areas like gaming, music, and news use our platform to become big businesses, said Ethan Beard, SVP at Ripple. “Blockchain and digital assets have the ability to solve important problems and XRP – with it’s speed, scalability and demonstrated real-world use case – is a great tool for startups and entrepreneurs to build businesses around.”

Ripple社は、今後も金融機関の世界規模の問題を解決するよう支援し続けます。しかし、XRPの優れた決済速度、送金速度、安定性は、新規企業が様々な事業を興し、現実世界の問題を解決するための基本技術として理想的です、たとえばゲーム、仮想現実、不動産、保険、デジタルメディア、その他様々な産業において。
Xpringプロジェクトに参加する起業家や企業は、これらの新規事業をXRPにて発展させていくことに大きく貢献させてくれるでしょう。


昨日はニューヨーク市がブロックチェーン技術社の育成のための計画を立ち上げたことを発表していました
いま、仮想通貨とブロックチェーン技術に関連した事業は、分進秒歩の勢いで発展しています。先行企業は、自社での新規事業開発だけでなく、莫大な額の投資により、起業家を支援したり買収したりして、自社の技術優位性を伸ばそうとしています。90年代のITバブルの頃に比べても、その規模は大きいのではないでしょうか?
今後も、ブロックチェーン技術の発展から目が離せませんね。