NEM(ネム) ~自由な経済圏を創出する注目の通貨~

注目の通貨

今日は何かと話題が尽きない仮想通貨、ネム(NEM)について解説していきます。

 

目次

1. ネムとは

2. ネムの特徴

3. ネムの魅力、将来性

 

1. ネムとは

基本スペックは以下。

通貨単位 XEM

発行枚数 約90億枚

ローンチ 2015年3月

承認システム Proof of Importance(PoI)

ブロック承認時間 約1分

 

まずNEMという言葉の意味に関してですが、”New Economy Movement”の略が”NEM”であり、新しい経済活動という意味を表しています。

国や政府などの機関に縛られない自由な経済圏を創出するという目標のもと、生まれたプロジェクトの名前がネムであり、Utopianfutureというビットコインの技術的改善を望むコミュニティから発足した開発チームが2015年に発表したことが始まりです。

元々は仮想通貨ではなく、様々な取引に活用できるブロックチェーン構想のことを指していて、そのNEMが包括するプロジェクトの一つが仮想通貨(XEM)であり、一般的にこの通貨が現在ネムと呼ばれているものです。

ネムは創業時で流通上限量である約90億XEMが一気に発行されており、その際に約1600人の投資家に平等に分配されています。通貨を新しく発行する場合、通常はマイニングが必要となっていますが、この過程無しで全ての通貨が発行されたことはは、ネムの特徴の1つと言えます。

NEMの時価総額は現在14位で、約3,700億円となっており、ピーク時に比べれば価格は下がってしまったものの、非常にメジャーな部類の仮想通貨の1つであります。

 

2. ネムの特徴

・Proof of Importance(PoI)

・NEM版スマートコントラクト、アポスティーユ

・カタパルト(Catapult)プロジェクトによる大幅アップデート

 

ネムの大きな特徴としてまず、コンセンサスアルゴリズムの違いが挙げられます。ネムはPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)を採用しており、ビットコインのPoW(プルーフ・オブ・ワーク)やイーサリアムのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは異なったアルゴリズムとなっております。

現状、PoWではスーパーコンピューターを多数所有する者がコインを獲得でき、PoSではコインを多く所有する者がコインを多く手に入れられる構造となっています。そしてマイニングによってさらにコインを獲得し、富のあるところにさらに富が流れてしまい、結果的に富が集中してしまうといった問題が起きてしまいます。

しかし、ネムのPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)は「ユーザーの重要度」によって報酬が分配される仕組みになっており、この重要性は取引の多さやその人の信用、コインの保有量等を総合して判断されるようにできています。つまり、経済的に貢献している人が報酬を受け取れる風になっいます。そのため、富の集中が起きにくく電気を大量消費することも無いので、PoWやPoSの問題点を解決したコンセンサスアルゴリズムと言われています。

またネムはマイニングではなく、ハーベスティング(収穫)という仕組みで回っています。ハーベストは新たにネムを発行するのではなく、承認してほしい人が承認者に手数料としてネムを払うシステムであるため、市場のネム総量は8,999,999,999XEMで固定されています。このネムのハーベストは規定の枚数以上のネムを保有すれば、誰でも簡単に参加することが可能となっています。

 

ネムはスマートコントラクトの機能も優れており、アポスティーユという公証に使えるサービスが備わっています。

アポスティーユではブロックチェーン上で証明書の発行や、監査、所有権の登記ができ、それを世間に証明することができます。重要な契約書や不動産登記のような公的な資料に、ブロックチェーンを利用することで、ハッキングや改ざんを防ぎ、書類取得の時間やデータ管理を改善することができます。

この部分はイーサリアムのスマートコントラクトの機能と似ていると言えるでしょう。

このようにネムはスマートコントラクトとしての優れた面も持ち合わせています。

 

またネムは将来的に大幅なアップデートが計画されています。このネムの機能をアップデートできるプロジェクトのことをカタパルトと呼びます。

ネムの開発陣チームとZaifを運営しているテックビューロ社が共同で開発した「mijin」というプライベートブロックチェーンシステムをもとに開発したプロジェクトがあり、

カタパルトの技術がネムに応用されることにより、ネムの大幅な処理能力の向上が見込まれています。

このカタパルトが実際にネムに応用されると、処理スピードとして1秒あたり4000件程度のトランザクションが可能となるとされています。現在仮想通貨の中で取引処理が早いと言われているRippleでも1秒に1000件程度のため、ネムのカタパルト実装後の速度は驚異的と言えるでしょう。

 

3. ネムの将来性

上記に記載したとおり、ネムのカタパルトが完了すれば、イーサリアム以上に優れたネットワークを提供することができ、その時にはネムの価格は再び暴騰することが考えられます。

またネムのブロックチェーン技術完成には多くの機関が興味を示しており、実際に野村総合研究所と住信SBIネット銀行が共同で行う実験に、ネムのブロックチェーン基幹技術である「mijin」が採用されています。

さらに送金ラグや富の不平等問題への取り組みは様々な国から注目を集めており、例えばベネズエラ政府はネムブロックチェーンの技術採用を認めています。また中東を中心とした公的機関からの注目度も高く、政府発行通貨の信頼性に悩むイスラム圏地域の国々が、ブロックチェーン技術の活用法を探っています。石油等の天然資源マネーがネムに流れ込めば、ネムの市場規模は現在の比にならないくらい跳ね上がります。

従って、ネムの将来性に関してですが、ネムは間違いなく将来性のある通貨と言えるでしょう。技術・理念ともに優れているため、長期的にも伸びていくと思われます。

ただし唯一の懸念点としては、コインチェックのネム流出問題のように、ネム自体のセキュリティに問題は無くとも、そのシステムの外側で問題が生じてしまうことで、結果的にネムの信頼性が失われてしまうことがあります。今後も同じような事件が起きて、ネムの価格が暴落してしまう可能性は0とは言い切れないでしょう。

ネムの目指す今後の展望は、仮想通貨ならではの利便性・公正さを誰でも理解できるシステムです。ネムは私自身のオススメの通貨でもあり、将来性は間違いないはずなので、値段が下がった今こそ買い時なのかもしれません。

 

まとめ

・ネムは自由な経済圏を創出するという目標のもと生まれたプロジェクトの名前

・約90億XEMが全て発行されており、発行時に約1600人の投資家に平等に分配された

・PoIを採用しており、ユーザーの重要度に応じて報酬が分配される仕組み

・マイニングではなくハーベスティング

・スマートコントラクトとしての機能も備えている

・カタパルトという大幅なアップデートが予定されている  

・技術・理念ともに優れており、将来性は抜群