JPモルガン共同社長「仮想通貨は本物」

時事できごと

JPモルガン「ビットコインビジネスを検討」

 

世界有数の金融グループ JPモルガンの共同社長であるDaniel Pinto(ダニエル・ピント)氏はCNBCのインタビューで、仮想通貨に言及しました。


16日、米国の巨大金融機関JPモルガンの共同社長であるDaniel Pionto氏は、CNBCのインタビューを受け、ビットコインに関連するビジネスについて検討中であるとコメントしました。
このインタビューは、世界の金融情勢に関する幅広い内容でしたが、Pinto共同社長は仮想通貨についてもコメントをしました。

JPモルガン・チェースは、米国の銀行持ち株会社であり、JPモルガン・チェース銀行や、投資銀行であるJPモルガンを傘下に持つ世界有数の金融機関です。
そのJPモルガンの共同社長であるDaniel Pinto氏は、16日CNBCのインタビューを受け、米国経済全般の将来や、中国の脅威、Amazonの戦略などについて答えました。その中でBitcoinについて質疑応答する一幕があり、氏は仮想通貨の将来性についてポジティブな発言をしました。

CNBC:
仮想通貨は、JPモルガンにとって、新たなビジネスチャンスでしょうか? JPモルガンの競合企業は既に、ビットコイン(BTC)の取引を支援しており、また仮想通貨取引にこれまで以上に関わっていく準備をしています。

Pinto共同社長:
 我々は、BTCのビジネスについて検討しています。その技術が何らかの役割を持つであろうことを疑ってはいない。(ビットコインに関して)匿名で行われているビジネスの提案や、不明瞭な行為に用いられている通貨は、長生きしないでしょう。なぜなら、世間はそんなものを信じないし、あるいは政府がそれを抹殺するするからです。世界各国の中央銀行が検討しているコンセプトが妥当だと考えています。トークンエコノミーは私にとってリアルなものです。仮想通貨は本物でしょう、しかし今の形は本来の姿ではありません。

CNBC: Are cryptocurrencies another opportunity for you? Your competitors already help trade bitcoin futures and are preparing to get more involved in trading digital currencies.

Pinto: We are looking into that space. I have no doubt that in one way or another, the technology will play a role. [Regarding bitcoin], you cannot have something where the business proposition is to be anonymous and to be the currency for unknown activities. That will have a very short life, because people will stop believing in it, or the regulators will kill it. I think the concept is valid, you have many central banks looking into. The tokenization of the economy, for me, is real. Cryptocurrencies are real but not in the current form.


Pinto氏の仮想通貨に関する発言は、インタビューでの一部であり、短いものでした。世界レベルの影響力を持つ銀行の社長だけに、慎重な言い回しで、曖昧な部分も多いです。しかし、JPモルガンのトップが、仮想通貨を有益なものとして捉えていることは十分に伝わります。

最近、ゴールドマンサックスなどウォール街の巨大金融機関が相次いで仮想通貨事業への参入を開始しました。この流れは、今後も加速していくこは、疑いないようです。