【深堀り】匿名性を持った仮想通貨が日本で規制されることについて

深掘り解説

最近、日本での仮想通貨の規制の流れとして、匿名性の高い「匿名通貨」と言われるものへの規制が厳しくなってきています。

コインチェックからも、Dash(DASH)やMonero(XMR), Auger(REP), Zcash(ZEC)などが取り扱いを止めることになりました。

なぜ、匿名通貨の取り扱いを規制しようとするのでしょうか?

そもそも、ビットコインやイーサリアムが匿名性を帯びた機能を付与したら、それらも規制対象になってしまうのでしょうか?

今回は、この匿名性について深堀してみたいと思います。

匿名性が高いと何が問題なのか?

ブロックチェーンの技術はそもそも匿名性が高いことでも有名な通貨がほとんどです。

その中でも、誰が送金したかなどの情報まで匿名度合いが高い通貨が、一般的には匿名通貨と言われています。

これは、国家の発行する法定通貨とは相反するものなので、国としてはマネーロンダリングや犯罪資金の温床となる危険性があるため、規制しようと奮闘しているといった現状です。

例えば先日、日本国内でも、暴力団の資金の一部が匿名通貨を用いて不正に送金されたという報道がありましたよね。

 

国としては、このような国や政府が把握できない資金の移動を止めることが最優先であり、それは、まとめると税金を徴収できないという問題に帰結します。

勝手に匿名通貨を使って資金が移動するようになってしまうと国にお金が入らない仕組みが成り立ってしまうため、国の存在意義がなくなってしまうとも言えます。

なので、こうした動きに対しては機敏に、少し強すぎる規制をあらかじめ行っておくことで、見えない資金の動きを止めようというのが国家の狙いなのでしょう。

 

主要な仮想通貨が匿名性を持ったら?

とは言え、ビットコインやイーサリアムが高い匿名性を持ってしまうと、どうなるのでしょうか?

技術的にというか、開発状況的には、近い将来主要な仮想通貨も高い匿名性を帯びるようになっていきますし、個人的にはここで規制してしまうのは勿体無いなと感じます。

というのも、日本国内で仮想通貨に対して厳しい規制が施されると、規制がゆるい国でブロックチェーンの開発は進行することになり、それに伴ってできる企業や事業などもm他国に利権が流れてしまいますよね。

せっかく日本人の仮想通貨取引量は世界的に見ても多い状況なのに(ほとんどは投機マネーですが)、これを一気に規制してしまうことは、日本は今後圧倒的な後進国になってしまうことを示唆しています。

日本が少子超高齢化社会を、どの国よりも早く迎えるというビジネス的なチャンスとも言える状況で、最先端のテクノロジーを規制しまくっていては、本当に超高齢化した国になってしまうでしょう。

まとめ

個人的には、今の「匿名性が高いから規制」の流れは、本当に再考するべき課題だと思います。

ビットコインやイーサリアム等のコインが高い匿名性を帯びるようになるのは時間の問題ですし、その準備期間の時期から規制しまくっていては、本当に日本という国は終わってしまうと思っています。

まあしかし、ブロックチェーンや仮想通貨は「国家の境界をなくすためのテクノロジー」とも言われていますから、あまり日本がどうとか考える思考も違うのかもしれませんね。

グローバル化!万歳!!