FINANCE FORUMを取材しました(その1)

ニュース, 未分類

ブロックチェーン技術がもたらす金融イノベーション

 

 東京千代田区で25日(金)に開催された、FINANCE FORUM 2018を取材させていただきました。

このフォーラムは「ブロックチェーン技術がもたらす金融イノベーション」と題されている通り、金融機関におけるブロックチェーン技術の活用に焦点を当て、大手金融機関における最先端の取り組みや、金融サービスの将来のあり方などを探る目的で開催されました。

みずほフィナンシャルグループ、SBIホールディングス、日本IBMなど、国内の大企業でプロジェクトを率いる立場にある方々が登壇し、実例や課題などを紹介しました。


 

FINANCE FORUM 2018

FINANCE FORUMは、株式会社セミナーインフォが主催する、金融機関でのブロックチェーン技術活用に焦点を当てた技術フォーラムです。2016年から行われており、国内の大手金融機関やITベンダーなどを中心にビジネスの観点から講演が行われます。
FINANCE FORUMのサイトはこちら http://finance-forum.jp/2018/blockchain/


参加者

参加されていた人も様々ですが、どちらかというとスーツを着たサラリーマン風の人が多いのが印象的でした。実際に、スタッフの方にお話を伺ったところ、銀行や証券などの金融機関や、生保・損保などの方々が多く参加されているようです。その他、金融機関系と取引をしている技術系の会社や、海外のブロックチェーン技術企業で日本の企業との提携を模索している会社の方なども多く参加されていたようです。

 

会場の様子。白いワイシャツの人が目立ちます。また、予備席が用意されるほど盛況でした。

ブロックチェーンのフォーラムにはつきものの、企業ブースです。


コンテンツ

当ブログ編集部は、これまで都内で開催されたブロックチェーンフォーラムを中心に、仮想通貨やブロックチェーン技術の様々なイベントに参加しています。今回のイベントは、金融イノベーションが主題でもあるとおり、やや堅い雰囲気ではありました。

一方で潤沢な資金を持つ金融機関の取り組み例の紹介は、非常に大規模であり、また確実に実績を積み重ねてきているという印象がありました。(今回の講演内容はこちらのリンクを参照

最初に登壇されたみずほフィナンシャルグループの齋藤氏は、同社のデジタルイノベーション部の責任ある立場の方であり、みずほグループが取り組んでいるブロックチェーンの活用事例を紹介されていました。実際に2017年7月にブロックチェーン技術を用いた船荷の管理を行い、船荷の資金決済だけでなく、輸出者、輸入車、保険会社、船会社、L/C発行者が、同一ブロックチェーンプラットフォームに参加して、取引を完了させたとの事でした。この実証実験を基に、グローバルサプライチェーンの複雑な手続きを簡単に管理するブロックチェーンプラットフォームの構築を開発する計画がみずほグループでは進んでいるようです。
また、メガバンク同士でKYC(顧客確認)情報を共通管理して、金融機関同士で利用者の本人確認を効率化するプランや、携帯電話を用いた簡単な送金など、金融機関ならではの取り組みが紹介されました。

また、最後に登壇されたSBIホールディングスのブロックチェーン推進室長 藤本氏は、内外為替一元化の取り組みなどについて紹介されていました。Rippleの大株主である同社らしい、送金関連の取組みが印象的でした。 また、SBI独自か創通かSコインを用いたプラットフォームにてエンドユーザーが携帯端末のみで買い物出来る仕組みを開発しています。 Sコインプラットフォームはお台場にて実証実験中という発表が以前ありましたが、実際の取り組みの詳細について責任者からお話をいただき、約200人の参加者は興味深そうに聞いていました。


ビジネスを主題にした実践的テーマ

ブロックチェーンの基本的な仕組みから、実際の高度な取り組みまで、色々な話を聞くことが出来ましたが、「ブロックチェーン技術を金融ビジネスにどのように活用するか」という切り口は共通しており、初心者から実務担当者にまで広く参考になったと感じました。
これまで編集部が参加したブロックチェーン技術関連のフォーラムは、どちらかというと技術者よりで、先端技術に対する発表が主題でした。
一方で今回のフォーラムでは、ブロックチェーン技術そのものが主題ではなく、ブロックチェーンをどのようにビジネスに利用していくか、あるいは既に利用しているか、が主題となっており、非技術者にとっても参考になるフォーラムでした。


中華系企業の日本進出

このフォーラムで目を引いた講演の一つに、中華系企業のAiFC株式会社がありました。

日本で開かれる仮想通貨とブロックチェーン関連フォーラムには、毎回多くの中華系技術者や企業が参加しています。中国では仮想通貨取引が事実上禁止された昨年来、多くの企業や技術者が、アメリカと日本へ移転しました。 従って、現在の東京では、中国系ブロックチェーン技術を非常に沢山見かけます。
今回は、幸いなことにAiFC株式会社の福沢 栄治社長にインタビューをする機会をいただけました。
福沢社長は華僑で、早稲田大学で情報通信関連の博士号を取得されており、日中双方のビジネスを熟知しておられる方です。
次回の記事では、今回取材させていただいたAiFCの最先端の取り組みをご紹介させていただきます。