ナンス(nonce)とは?

用語集

今日の仮想通貨用語:ナンス(nonce)とは

 

〔名〕 Number used once の略で、「一度だけ利用される番号」という意味。「ノンス」とも発音する。
ブロックチェーンでブロックを生成するときに、マイニング(採掘)を行うマイナーが生成する、32ビットの数値のこと。

32ビットは2の32乗のことであり、4,294,967,296である。つまり、約43億通りのナンスが存在する。この数字を暗号化のために用いるのが、ブロックチェーンである。
ブロックチェーンはその名の通り、ブロックをつなぎ合わせながら伝達されていくが、ブロックを繋ぐたびに、この数値は変化していく。ブロックとブロックをつなげる時のキーになるハッシュ値は、先頭にゼロが16個並ぶ。そのようになるnonceを探しあてるために、コンピュータを用いて計算をする作業がマイニングである。