【特集】 2018夏 アジア太平洋ブロックチェーンサミット (その2)

ニュース

ブロックチェーンサミット 再び

 

その1はこちら

7月1日に 都内で「アジア太平洋ブロックチェーンサミット」が再び開催されます。
このブログでも3月に特集を組んでお届けした、「アジア太平洋ブロックチェーンサミット」が、再び東京で開催されます。前回は外洋についてお届けしました。


弁護士達のディスカッション

今回のサミットにはサブ会場が設置されるようです。
サブ会場では、各国の弁護士がラウンドテーブルディスカッションを行います。各国のブロックチェーンと仮想通貨を巡る政策について比較討論し、政治と行政という観点から今後の市場について検討します。
ゲストとして招かれる弁護士や法律家は、金融を専門にする著名人ばかりです。国内だけでなく国外の情勢や外国政府の意向など、その国で実際に実務に携わっている人にしか感じられない貴重な情報が得られるかもしれません。


ビッグゲスト?

3月の春サミットでは、経済学者の野口悠紀雄教授、筑波大学の李頡教授やAiFC株式会社の福沢栄治社長等がブロックチェーン×金融、IoT、AI等について基調講演をしました。

夏のサミットでは、新たに投資家、各業界のリーダー、芸能人といったミステリーゲストが登場するとのことです。どのようなゲストが予定されているのか、質問をしてみたのですが、残念ながらはぐらかされてしまいました。しかし、今回も豪華ゲストが、ブロックチェーンの現状、ホットスポット、そして可能性などについて持論を述べるようです。


展示ブース

サミットのサブ会場では100以上のブースが設置され、アジア太平洋地域のブロックチェーンプロジェクトやIT企業に展示スペースが提供されます。春のサミットでも、多数の企業や仮想通貨発行体がブースを出して、サミットを盛り上げていました。実際に、ブロックチェーンプロジェクトに関わるスタートアップと、投資家や同業者とのビジネスマッチングが行われています。メディアも多数取材に訪れるとのことですので、企業広告のチャンスでもあります。ビジネスアイデアを持っている人、新たな技術に投資したいVCの人は、ぜひとも今回の展示に参加して一緒にサミットを楽しみましょう!

前回の展示ブースの様子


申し込み等

2018年夏 アジア太平洋ブロックチェーンサミット
日時:2018年7月1日(日曜日)
場所:東京都千代田区神田駿河台3−11−1
東京都三井住友海上駿河台新館三階
申し込みサイト:https://peatix.com/event/383210/view?k=99a784d8f93a905a813cb659c0c3982e9c59e79f

お問い合わせ先:03-6280-7652 (アジア太平洋ブロックチェーンサミット事務局)