第4次産業革命とは?

用語集

今日の仮想通貨用語:第4次産業革命とは?

 

〔名〕次に来る産業構造の転換期のこと。Industry 4.0(インダストリー4.0)ともいう。
IoT、AI、ビッグデータ、ロボットを組み合わせ、産業をさらに高度化し産業の構造転換を図る取り組みのこと。

・ 世界中のあらゆるモノをネットワークで繋ぎ、データ化して管理する「IoT(Internet of Things、 モノのインターネット)」
・ 大量のデータを収集・分析し、利用する「ビッグデータ」
・ 機械が自ら学習し、人間を超える知能を作り出す「人工知能(AI)」
・ 複雑で多様な作業でも自動化を可能にする「ロボット」

これらを組み合わせて用いることによる技術革新によって、産業構造を転換しようとする取り組みのことを、第4次産業革命という。

2011年にドイツで製造業の高度化を目指すプロジェクト「Industry 4.0(インダストリー4.0)」として初めて提唱された概念を日本語にしたもの。
蒸気機関による産業の機械化を促進した第1次産業革命、電力を活用し大量生産が実現した第2次産業革命、コンピューターの活用で自動化が進んだ第3次産業革命に続く産業構造の変革期と位置付けられている。

最近は、IoT、AI、ビッグデータ、ロボットにブロックチェーンを加えることがある。