Japan Blockchain Conferenceの見所

ニュース

JBC 明日からスタート

 

いよいよ、Japan Blockchain conferenceが開催されます。
明日・明後日と都内で開催されるブロックチェーンの一大イベントの見所を紹介します。


Japan Blockchain Conferenceの概要

名称:「Japan Blockchain Conference(JBC)」-TOKYO Round2018-
会期:2018年6月26日(火)–27日(水) 9時~18時
会場:東京国際フォーラム ホール E(1) + (2)
主催:一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会
参加企業・団体:100
予想参加者人数:約1万人
公式サイト:https://japan-blockchain-c.com/


イベントの特徴

ニコニコ動画で生放送

http://live.nicovideo.jp/gate/lv313961333

日本のブロックチェーン関連イベントで生放送が入るのはおそらく初めてのことでしょう。
週刊仮想通貨トピックスさんが、開場の東京国際フォーラムからリアルタイム中継を予定されています。遠方で参加できない人はありがたいサービスですね。
これまで、ブロックチェーンや仮想通貨関連のイベントに参加したことが無い人も、ニコ生ならば敷居が低いのではないでしょうか?
リアルに足を運ぶのはちょっと……、という人も生中継だけでも視聴して、ブロックチェーン業界の盛り上がりを体験して頂けたら、と思います。

交流

主催の発表によりますと、今回のカンファレンスは1万人以上の参加が見込まれるとのことです。また、100を超える団体がブースを出展するなど、ブロックチェーン関連企業との接点を作る機会でもあります。
ブロックチェーン業界に興味のあるエンジニアや、仮想通貨に興味のある人にとっては、絶好の交流の機会となるでしょう。

 

講演

今回のカンファレンスでは30人を超えるゲストスピーカーが講演やパネルディスカッションを行います。 今回のゲストの皆さんは、もし単独で講演会を開けば1人当たり参加費5,000円以上を取れるような有名どころばかりです。そんな方々の講演を3,000円(前売り券)で聴講できるのは、かなりお得でしょう。

今回のゲストの一部をご紹介しましょう。

SBI ホールディングス(株)
代表取締役社長
北尾吉孝 氏
言わずと知れた金融界の大御所です。保守的な金融界に会って、Rippleとの提携をいち早く進めたり、自社で取引所を開設するなど、日本のブロックチェーン業界の発展に大きく影響を与えている人物です。

 

bitcoin.com
CEO
ロジャー・バー 氏
Bitcoin Cash is Bitcoin! を唱える、Bitcoin Cash の伝道者です。現在は日本に定住し、ビットコインキャッシュの普及に努めています。
今春開かれた、Satoshi’s Vision Conference の主催者の一人でもあります。

IOHKong Ltd
CEO
チャールズ・ホスキンソン 氏
イーサリアムをヴィタリック ブテリン氏と共に開発した伝説のCTO、ホスキンソン氏です。また、ホスキンソン氏はカルダノ(ADA)の開発に携わったりと、仮想通貨とブロックチェーンを誰よりもよく知る人物の一人です。現在はイーサリウムクラシックと提携して、後進の育成をしており、現在のブロックチェーン関連のエンジニアの中で最も影響力を持つ人物のひとりでしょう。

コインテレグラフ
共同設立者
トニー・レーン・キャサリー 氏
仮想通貨ウォッチャーで知らない人はいない、コインテレグラフの共同設立者です。メディアの視点での、仮想通貨やブロックチェーンの今後を語ってくれます。

 

その他30人以上のゲストが、講演やパネルディスカッションに参加されます。
チケットはまだ購入可能ですので、皆さん是非ともご参加ください。