OASES グローバルツアー ファーストステーション:東京

時事できごと

グローバルツアーのファーストステーション:東京

 

OASESチームは2018年7月28日に東京でツアーを開催しました。
今回のツアーでは、プロジェクトの状況及び今後の展望が紹介されました。


OASESのプロジェクト

 OASES CEOのRobin Stock氏はプロジェクトの背景、技術概要及び今後のグローバル展開について話しました。また、Robin氏と彼の父との間での環境問題に関する話題も交え、情熱のあるお話を頂きました。
東京はこのツアーの最初の訪問地ですが、今諸外国へのツアーも順次実施される予定です。
同社CMOのDaphne Wang氏は、OASESプロジェクトのビジネス展開について、グローバルな環境問題における実施可能な施策について推進する予定であると述べました。

OASESのビジネスモデルでは、世界的な環境改善と同じ目標を掲げているため、非常に将来のあるモデルであると見込まれています。
また、今回のプロジェクトの主要投資家である“虫哥”は来場こそできませんでしたが、ビデオメッセージ形式で参加し、プロジェクトの展望及び環境事業に対する熱い気持ちを伝えてくれました。 特に、環境保護 =“マイニング”の概念についても大賛成を表明していました。


将来の取り組み

今回のツアーでは、OASESプロジェクトの意義、価値及び今後の展望を皆さんに理解して頂き、またプロジェクトの価値観に対して全員で共鳴できたと思います。 皆さんも我々と共に環境保護事業に参加し、共に素敵な未来を作りましょう。

OASESCHAINはシンガポールOASES FoundationとアメリカEPCファンドが共同で企画するグローバルなプロジェクトであり、今後も実業への展開、環境保護への貢献にベストを尽くしてまいります。