パンプとダンプとは?

未分類

今日の仮想通貨用語:
パンプ アンドダンプ(pump and dump)

 

ある商品の価格を意図的に吊り上げた後に、売り叩くこと。
仮想通貨関連だけでなく、金融証券に関連した市場全てで用いられる用語であり、違法行為と認定されることが多い。 パンプ アンド ダンプ。

pump: ポンプで汲み上げる
dump: 積み荷を降ろす

その商品(例えば特定の仮想通貨)が本来持っている価値よりも高い価値があるように見せかけ、市場で価格を吊り上げる。
パンプ アンド ダンプを仕掛ける者は、まず特定の商品を大量に購入する(一般的には相場よりも安い価格で購入する)。次いで、パンプを仕掛けて価格を高騰させる。

例えば、Hypeや誇大広告、ときには詐欺や虚偽を織り交ぜて、その商品の価値を高く見せかけ、投資家や購入希望者の期待を煽り、需要過多(品薄)の状態にして、市場での価格を高騰させる。
価格が高騰し始めると、その時の相場よりも少し高い価格で手持ちの商品を少しずつ売却していき、価格を吊り上げていく。これが Pump である。

相場の価格が、その商品の本来の価値よりも十分に高くなり、かつ市場での品薄状態が極限に達したとき、手持ちの在庫を全て売り払う。これがdump である。

大量の供給により、価格は急速に下落しする。高値で買った者は大きな損失を抱え、パンプ アンド ダンプを仕掛けた者は莫大な利益を得る。
このような行為は、多くの国で証券法などにより禁止されているが、仮想通貨世界では日常的に行われている。金融商品に限らず農作物などでも同様の原理による価格の吊り上げが起きることがある。