ICOの落とし所は新しい資金調達法になりつつある話

深掘り解説

少し前に、ICOで資金を調達するグループが乱立していましたが、最近あまり話題にならなくなってきましたね。

法整備や規制が整っていなかったため、ある意味なんでもありの状態だったのが去年の年末ぐらいの話でした。

当時のICO事情

当時は、「こんなビジョン・技術を兼ね備えたコインを発行します!これが実現されたらこんな風に使われて、世界はこういう風になっていきます!可能性しかありません!」

みたいな謳い文句から始まり、コインごとにコミュニティを作ってプロジェクトを進行して行くスタイルが蔓延していました。

しかし、ICO投機熱が一旦冷めつつある現段階では、投機側の不信感・リテラシーがある程度高くなってきたことから、投機対象として以前ほど見向きされなくなってきたように感じます。

 

ICOで集めた資金はどこへ?

では、当時ICOで集めた巨額の資金は、一体どこに行ってしまったのでしょうか?

もちろん個々のコインによって異なるのは承知の上で、多くのICOしたコインは当時掲げたプロジェクトを実行できていない現状にあります。

かと言って、ICOで集めた資金はどこかへ流れたわけでもなく、コインごとの胴元・開発者が抱えているのでしょう。

彼らは、これだけ日にちが経ってもICO時に掲げたビジョンを実行できていないことを投機側から色々言われ、焦っている部分が少なからずあるのは間違いありません。

それ故か元々のプラン通りか定かでないのですが、最近はICOで集めた資金を、別のプロジェクトに回して、それを投機者に還元するサイクルが出来上がりつつあるのが実態です。

 

善か悪かは決めづらい

しかし、それが良いことか悪いことかは、人によって変わるというのが本当のところかなとも思っています。

投機側からすれば、正直ビジョンや理念なんてのは本当の第一優先順位ではなく、投機したお金が増えるのか減るのか、それが最も重要なファクターなんです。

なので、ICOに投機したけど当時掲げていたビジョンは遂行されない、でも投機した以上のリターンがあるのならば、それは投機側から見れば「善」なケースが多いとも考えられます。

これは、ブロックチェーン原理主義から見れば「悪」と考えるのが筋なのですが、この辺はスタンスの違いによってどのようにも解釈できてしまうのが今の現状です。

なので、このままICOが当時のビジョンを遂行しない、それでもリターンはあるというパターンが認められるようになってくると、それこそ仮想通貨、延いてはブロックチェーンでなく、それはただのギャンブル投機にしかならないという危機感は個人的に持っています。

この議論は、仮想通貨やトークンにボラティリティの高さを求める投機サイドと、実用的に使われることを第一とする開発・技術サイドで大きく意見が割れるテーマかなと考えられますね。

まとめ

以上のことから、これからもICOへの投機というのは続いて行くと考えられますし、それを利用して資金調達を考える事業化の割合も高くなっていくでしょう。

それはもはや仮想通貨やブロックチェーンを使う必要がなく、「お金」を集めたり増やしたりする手段としてブロックチェーンが大々的に使われることは本望ではないなあ、というのが個人的な感想です。

皆さんも、投機として仮想通貨を捉えるのか、それとも技術や実用性として仮想通貨を捉えるのか、一度深く考えてみると面白いかもしれませんよ。