貨幣とは(その3) 仮想通貨はお金か?

連載解説

仮想通貨は貨幣と言えるか?

 

ライターの結城です。
これまで、「お金とは何か」についてをお話ししました。
では、仮想通貨はお金といえるのかどうか? 今回はその点について書きます。


前回までに、貨幣の3つの機能※について書きました。

貨幣の3つの機能を簡単におさらいすると、次の通りです。
 1.価値尺度機能
 2.交換機能
 3.価値保存機能

 ※ 「貨幣の三大機能」 とか、「お金の3つの機能」とも言います。

貨幣が誕生する以前は、経済は物々交換が主流でした。貨幣が登場したことによって、経済がとても便利になったという事を過去2回の連載でお話ししました。
では、仮想通貨に焦点を移しましょう。

仮想通貨は貨幣か?
仮想通貨は貨幣(お金)なのでしょうか? 貨幣の三大機能を備えていると言えるのでしょうか?

ひとつずつ見てみましょう。


1.価値尺度機能

 価値尺度機能とは、物とお金の価値を比較する機能のことです。
10,000円札を渡すと、1万円相当の商品やサービスが購入できますね。日本全国どこへ行っても、100円ショップでは100円(+消費税)で買い物ができます。

仮想通貨に価値尺度機能があるでしょうか?
現在のところ、仮想通貨はボラティリティーが大きすぎて、尺度機能を果たしているとは言えないでしょう。また、仮想通貨で直接売買出来る店舗も世の中にはほとんどありません。

以前、当ブログで紹介したNEMバーや、一部の家電量販店などで仮想通貨支払いを受け付けていますが、全ての店舗において商品の価格は日本円で固定されています。 当日の日本円のレートに相当する仮想通貨で支払いが出来るだけです。この場合、仮想通貨は間接的に用いられており、商品(モノ)の尺度は日本円に固定されていると言えます。従って、仮想通貨が尺度となっているとは現状では言えません。


2.交換機能

 貨幣は、売買(決済、交換)を行うときの、支払手段としての役割があります。
上記1.で説明した通り、貨幣にはモノの価値を測る機能があるため、10,000円の価値があるモノは、10,000円札と交換できるのです。 物々交換の時代には、交換される2つのモノが等価でなければ交換できませんでしたが、貨幣は尺度機能を持つため、決済が簡単になりました

仮想通貨には、交換機能があるのでしょうか?
これも、現在においては、あるとは言えないでしょう。交換機能は、尺度機能があってはじめて機能するからです。仮想通貨には尺度機能が無いため、交換には適しません。ボラティリティーが激しいため、交換時の価値が測定しにくく、決済には適しません。

その3へ続く