Huobiが日本自向けのサービスを全面停止へ

時事できごと

Huobiが日本人向けサービスを停止


中国系仮想通貨取引所のHuobi(フオビ)が、12月31日を期限に日本人向け暗仮想通貨取引サービスを終了すると発表しました。Huobiに口座を持っている人はご注意ください。

 


概要

 Huobiは今年6月に日本人向けのサービス全般(※)を停止する旨を通知していました。当サイトでもこちらの記事で取り上げておりますが、日本の金融庁が海外取引所で日本人向けのサービスを行っている取引所に圧力をかけていることが直接の原因です。
例えば、Binanceが昨年末に日本語サービスを停止したのも同様に金融庁の圧力によるものです。

※ 厳密には日本居住者に向けたサービス全般が停止されます。日本国籍保有者であっても、日本以外に居住している人は引き続きHuobiを利用できます。また、日本国籍を保有していない人であっても、日本国内に居住している場合はHuobiを利用できなくなります。


詳細

Huobiの通知によると、今後のスケジュールは次の通りです

18年11月26日:Huobiへの入金停止
18年12月31日:注文・取引の停止
19年1月1日以降:出金のみ受け付け

年明け以降は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)以外の通貨の出金は事実上不可能になるため、口座にBTCかETH以外のコインがある人は、年内にBTCかETHに換金しておくことを強くお勧めします。

なお、2019年以降にBTCまたはETH以外のコインを保有していた場合は、Huobiのカスタマーセンターに連絡することで個別にBTC又はETHへの交換に対応してもらえます。しかし、おそらく煩雑な手続きと時間を要すると思われるので、年内にBTCまたはETHに交換して他の交換所へ出金することが望ましいです。

草コインの一部はHuobiでしか取り扱いがないものもあるため、それらのコインをHuobiの口座に保有している人も多いでしょう。そのような場合は、残念ですが早めに換金して引き出すしかありません。なお、日本国外に籍を移した場合は、Huobiのサービスを継続して利用する事が出来ます。

Huobiは、今年9月に日本国内取引所のBitTrade(ビットトレード)の株式を取得し、傘下に収めています。2019年からはBitTradeはHuobiのシステムを用いたサービスを提供することが発表されています。しかし、これは現在のHuobiと全く同じサービスがBitTradeで提供されるということではありません。今日現在Huobiで売買されている草コインを、来年以降のBitTradeで売買できるようになることは基本的にあり得ませんのでご注意ください。日本の金融庁が、信用の低い草コインを上場しないよう国内取引所に圧力をかけていることが理由です。

Huobiの通知文全文はこちら