深掘り解説

キャップドセールスの種類

 

キャップドセールスにはキャップ(上限)があります。
キャップドセール、ソフトキャップ、ハードキャップ、またはハイドキャップに分類できます。

プレICOでトークンが売 ...

深掘り解説

プレセールスの売出し上限

 

仮想通貨で資金を調達しようとする企業は、取引所への上場の前にプレセールスなどでトークンを販売します。それらは、プレセールス等と呼ばれ、取引所を介さずに行われます。
これらの、取 ...

時事できごと

CBOE 年内にイーサリアムの先物を解禁か

ビットコインの先物取引承認が市場の注目を集めていますが、アメリカのシカゴ先物市場がイーサリアムの先物を導入するという報道が出ました。

ビジネスインサイダーによると、シカゴ・オプショ ...

時事できごと

アイリッシュコインで産業促進
アイルランドの取り組み

 

 アイルランド人は仮想通貨に強い関心を持っているようです。Red FlagとAmarach Researchが発行した共同報告書によると、約12万人 ...

時事できごと

独自研究開発のクロスボーダー決済システムを使用

 先日、中国銀行はクロスボーダー決済システムを用いて、河北雄安と韓国ソウルの間のドル建て国際送金業務を試験的に行い、無事完了しました。これは中国国内で初めて商業銀行がブロックチェーン技術に ...

連載解説

政府発行仮想通貨ペトロは信頼できるのか?

 

(前回はこちら)
過去三回の記事でベネズエラ経済の特殊性を見てきました。
それを踏まえた上で、ベネズエラ政府が発行した仮想通貨ペトロを検証してみましょう ...

連載解説

ベネズエラ経済の現状

 

(前回はこちら)

前回は、ベネズエラ政府が自国経済を壊滅させた経緯を書きました。

簡単におさらいをすると、社会主義を標榜していたチャベス前大統領は、国民の人気取りの ...

連載解説

ベネズエラの経済史

 

(前回はこちら)

前回書きました通り、ベネズエラは石油輸出国です。
通常、産油国は経済的には豊かなはずですが、現在のベネズエラは経済危機に瀕しています。
危機的経 ...

連載解説

世界唯一の政府発行仮想通貨とその背景

 

 ベネズエラは、政府が仮想通貨を発行している唯一の国家です。
通貨の名称は「ペトロ(Petro)」で、特徴としてはベネズエラ産の原油に連動されていることです。

時事できごと

米国投資家向けに上場投資信託をドル建てで販売

 

 スウェーデンのNasdaq Stockholmで提供されている、ビットコインの上場投資証券(ETN)が米ドル建てで決済できるようになりました。これにより、各取引所 ...